親族との関係だけでなく、費用の面でも

いろいろと複雑なお墓のこと。

 

一昔前では、お墓を維持していくのが

ほぼ当たり前でしたが、近年は

文化の変容や経済的にも余裕が

なくなってきたためにお墓にかかる

費用も軽視できなくなりました。

 

ただ、そのような中でもお墓を

作りたいあるいは持ちたいと

考えている方もいるでしょう。

 

今回は、このお墓の維持費について

解説していきます。

スポンサーリンク

お墓の維持費ってどれくらい?

お墓の維持費とは、一般的に

管理料のことを指します。

 

基本的に、維持費(管理費)は

そのお墓を管理している霊園や寺、

地域などで違いがあります。

 

おおよその目安としては

公営霊園=年間1000円~1万円程度

民営霊園=年間5000円~1万5000円程度

と言われています。

 

お寺が管理している墓地の場合は

もう少し高額で2万円以上かかることも

あるそうですが、その分お墓の

維持・管理以外にも様々なオプションが

ついていることが多いです。

 

維持費は何に使われるのか?

お墓の維持費は、主に

お墓参りする方が使う水道設備や

掃除用の備品の調達など

お墓を気持ちよく使っていくために

必要な資金となります。

 

いわば、お墓参りに必要なインフラを

整えるための資金という感じです。

 

この維持費の使われ方も管理者の

運営方針によって変わってきます。

 

そのため、維持費が安い墓地は

手入れの程度や施設の設備、

貸出する備品などが簡素化されている

ことがあるので、実際に比較してみて

どれが良いか調べると良いです。

スポンサーリンク

お墓の管理費以外にもお金がかかる?

お墓を持つということはお墓参りが

必要になるのでお、墓に行くまでの

交通費だったり、お布施やお供え物など

他にも様々な費用がかかります。

 

維持費以外にもお墓に関係する

全ての費用負担を考慮すると

年間2万円から高くて10万円程

かかることもありえます。

 

お墓が近くにあれば、そこまで負担は

大きくなりませんが、お墓が

遠くにある場合にはお墓参りに

行くだけでも多くのお金が

必要となります。

 

また、逆に安い方が良いかと言うと

維持費が安い分、お墓の維持管理が

簡素化されていることもあります。

 

そのような場合、自分たちでお墓を

きれいにする必要もあるため

別の方での負担が大きいです。

 

特に、近年は生まれ育った地域で

一生を過ごすことは少なくなって

来たために、お墓が放置されてしまう

ケースも多くなってきました。

無縁仏って何?

 

また、質の高いサービスを受けられるのは

良いけれど、維持費が高くて途中で

支払えなくなり、後々親族の間で

トラブルを引き起こす恐れもあります。

 

積極的に親族との連絡が取れている

というのなら問題ないですが

疎遠になっているような場合は

注意しましょう。

 

お墓を作ったけどトラブルが起こり

結局、墓じまいとなってしまうのでは

非常に残念なことであり、墓じまいの

費用も馬鹿になりません。

【墓じまいとは何か?】
その手順や複雑な問題点を解説!

 

まとめ

このようにお墓の維持費といっても

管理料以外にも、他に様々な費用が

かかってきます。

 

お墓を持つことは場合によっては

残された遺族の方に大きな負担と

なることもあるので、必ずしもお墓を

持つことが良いとは言えません。

 

個人的には、費用の面だけでなく

お墓参りや継承問題など総合的な

負担の面も、慎重に検討した上で

お墓にするかどうかを決めることを

オススメしますね。

お墓の永代供養とは?
そのメリットやデメリットとは?

こちらも参考になると思います。

スポンサーリンク