「お墓は子供に迷惑がかかるからいらない」「お墓にお金をかけられる余裕がない」

この記事を読んでいるということは、あなたもどこかでそう思っていることでしょう。

 

少子高齢化や核家族化が進み、価値観も多様化した現代においては、お墓を持つことが必ずしも最適な選択肢とは言えなくなりました。

今回は、そんなお墓を不要と感じている人が、お墓に代わる供養方法について解説していきます。

スポンサーリンク

お墓が不要な人の供養方法

永代供養を行う

お墓を持たない、持ちたくない人の多くが選択している供養方法は永代供養です。

永代供養はお墓を持っていなくても、お寺や霊園で代わりに管理してくれる供養形態ことです。

 

合同墓地の場合、他の人の遺骨と一緒に埋めることになりますが、その分、墓の使用料は墓を立てるよりも安く済みます。

また、供養と管理はお寺や霊園が行ってくれるので、墓の掃除や手入れといった負担もありません。

 

費用についてはお寺や霊園によっても差が大きいため一概には言えませんが、相場としては10万円~50万円といった感じです。

基本的に初期費用を支払えば、それ以後、追加費用を支払うことはありません。

費用や年会費などは契約内容次第なので、永代供養でも諸費用に関しては良く確認しておくことが大事です。

 

散骨で供養する

kuyouhouhou (2)

散骨は、その名の通りに自分の遺骨を粉骨して粉状にしたものを海や山、空といった指定された場所にまいて供養する自然葬です。

自分が好きだった場所に散骨して、埋葬することで大自然の中で、ゆっくり眠りたいといったことが実現できる方法です。

 

一見すると、法律に引っかかりそうな気がしますが、現状の法律では散骨に関する規定はなく、節度を持って行えば問題ないとされています。

また、散骨の形態としては、海洋散骨が一般的と言われています。

山や陸地で散骨を行うと近隣住民に迷惑をかける可能性があるので、トラブルを避けるためにも、基本的に散骨は海で行われます。

 

費用についてはお墓を持つことに比べても安く、遺骨そのものがなくなるため、その後の維持管理等の問題も解決します。

海洋散骨の場合には、業者に委託して散骨する「委託散骨」はおおよそ5万円~10万円ほどです。

船など一緒に同行して散骨する「チャーター散骨」の場合は10万円~30万円と、若干高くなります。

 

ちなみに、ルールさえ守っていれば個人でも散骨は可能ですが、遺骨を十分に粉状にしていないと、最悪の場合「死体遺棄罪」にあたる恐れがあります。

一般の人が散骨を行うのはリスクを伴うので、基本的に散骨業者にお願いするようにしましょう。

 

樹木葬で供養する

kuyouhouhou (1)

散骨に並んで、自然葬として注目を集めているのが樹木葬です。

樹木葬を簡単に説明すると、墓石が樹木に置き換わった感じです。

 

また、散骨と違い樹木葬の場合は「遺骨をどこに埋葬したのか」その場所が明確であるため、実質的に遺骨を埋めた樹木がお墓の代わりとなります。

お墓は持ちたくないけど、お墓のようなお参りできる目印を残しておきたいと考えている方にオススメの供養方法です。

 

形態としては永代供養と結構似ています。

合同墓地のように1本の樹木の周りに複数の遺骨を埋葬したり、1人の遺骨に対して1本の樹木を割り当てる形で埋葬されるのが特徴です。

また、樹木葬の場合は宗教や宗派を問わないので、他の供養形態に比べて選びやすいメリットもあります。

 

費用についても30万円から80万円、概ね50万前後が相場であり、埋葬場所やオプションによって費用は前後します。

 

手元供養で形見を残す

kuyouhouhou (3)

手元供養とは、遺骨をペンダントや指輪といったオブジェクトに加工することで、故人の形見として手元に残す供養方法のことを言います。

こちらは近年、新たに注目されるようになった供養方法です。

 

遺骨を自宅に置くことは今までの常識では考えられなかったことですが、遺骨は必ずお墓に入れなくてはいけないという決まりはありません。

近年は供養形態も多様化したため、このように遺骨をお守りやアクセサリーに変えて供養することも1つの選択肢となりました。

 

遺骨の放棄やかってな散骨はダメですが、遺骨の残し方についてはこれといった決まりはありません。

実際のところ、最も大切なのは「供養したい」という気持ちなので、故人と遺族のご意向であれば問題ありません。

 

まとめ

現代において、お墓がなくても供養する方法はいくつもあり、決してお墓を持つことだけが全てという訳ではなくなりました。

費用や維持管理にかかる負担は馬鹿にならないので、このような供養方法が人気を集めるのも時代の流れかと思います。

 

ただし、お墓と同じくそれぞれの供養方法についてもメリットとデメリットが存在するので、自分はどの供養形態が適しているのかしっかりと検討してから決めましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット

 

スポンサーリンク