お墓を引き継いで行きたいけど、今の場所では管理ができないという場合に行われる「改葬」

今住んでいる家の近くにお墓があれば、お墓の管理もしやすいですよね。

 

お墓の引越しとも呼べる改葬ですが遺骨を移すだけではなく他にも様々な手続きが必要になるなど、とにかくややこしいですよね。

今回は、このお墓の改葬の手続きについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

改葬の流れ

改葬してもらう業者を決める

まず最初は改葬を行ってくれる業者(主に石材店)を選択しましょう。

個人でもやろうと思えばできますが、各自治体の手続きや許可が必要となるので個人で行うには負担が大きいことです。

 

業者さんに頼むことで、面倒な手続きの大半を代行してくれるので手間が省けます。

場合によっては以下の手続きのほとんどを代行してくれるので、多少の費用はかかっても基本的には代行サービスを利用するのがオススメです。

 

特に、初めて改葬するという場合や、お墓が遠い場所にあり足を運ぶのが現実的に難しい場合には、業者さんの力を利用しないと改葬が行えません。

改葬の代行業者も数多いので、自分たちの目的にあった業者を選択しましょう。

 

移転先の墓地と契約する

これは改葬先、いわば引越し先の墓地の使用許可を得ることです。

受入証明書(永代使用許可書)という許可証が必要になります。

 

当たり前ですが改葬先が決まっていない状態では、お墓は移せませんよね。

移転先の墓地をどこにするかもあらかじめ明確にしておきましょう。

 

今ある墓地の管理者に改葬の旨を伝える

これは実際に今、お墓を管理している管理主に改葬をするということを伝える必要があります。

埋葬証明書(納骨証明書)という証明書を発行してもらいましょう。

 

改葬許可申請書に必要事項を記入する

これは現在遺骨を埋葬している市町村の役所から、改葬許可申請書を入手して、必要事項を記入しましょう。

この必要事項の中には現在の墓地の管理主に署名と印鑑も必要となります。

 

この改葬許可申請書と上記の受入証明書と埋葬証明書の3つを今、お墓を管理している市町村の役所(改葬許可申請書を受け取った役所)に提出することで改葬許可証を受け取ります。

 

現在の管理者、改葬先の管理者、そして自治体の許可の3つを得て初めて改葬を行うことができます。

 

遺骨の取り出し作業

そして実際に石材店に頼んでお墓から遺骨を取り出すのですが、これにも閉眼式魂抜きといった宗教的な儀式が必要となるので簡単には取り出せません。

遺骨を取り出すまでの必要手順については、そのお墓を管理しているお寺の宗教などによって、やり方や費用等も異なるので事前に確認すると良いです。

 

遺骨の移動を行い完了

遺骨を取り出したら新たな埋葬先へ移します。

この時は開眼法要という儀式を行うのが一般的ですが、これも宗教等によって若干異なるのであらかじめ調べておくと良いです。

 

また、改葬が終わったら元のお墓を解体・撤去をして更地に戻し、管理者へ土地をお返しします。

これで改葬は完了となります。

 

改葬が完了するまでの期間について

改葬には、このような複雑な手続きが必要となるので、とにかく時間もかかります。

各種許可証をもらうための手続きや遺骨の移動、新たなお墓を作るための工事など、全てを合わせると最低でも3ヶ月以上はかかるのが一般的です。

 

改葬にかかった時間の平均は、最低でも3か月以上、長くて半年~1年ほどかかるのが一般的です。

改葬はすぐに行えるものではないので、早め早めの行動を心がけましょう。

 

まとめ

このように改葬を行うにも、単純に遺骨だけを取り出して移せば良いという訳ではなく、多くの準備や手続きが必要となります。

費用についても、代行サービスや墓石の解体・撤去工事、その他手数料など、全体で見ると費用がかさむ可能性が高いです。

 

いざ改葬が必要になった時にやるのでは間に合わないこともあるので、早めの計画・行動を心がけましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

【墓じまいとは何か?】その手順や複雑な問題点を解説!

【お墓の掃除方法はこれで完璧!】お墓をきれいにするコツとは?

【お墓の継承者がいない!】継承者がいない時はどうするべき?