「お墓の継承者がいない・・・」

「かといって信仰にも関わるから

おろそかにできない」というような

問題が起こりやすいお墓のこと。

 

近年、お墓についての価値観も

多様化してきたため、何かと

若い人とは食い違うことも多くなり

それゆえにお墓をめぐって様々な

問題が起こっています。

 

特に、後継者の問題はお墓を

守っていく上ではなくてはならない

非常に重要なことです。

 

今回は、このお墓の後継者問題に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

お墓の後継者問題、実はみんな悩んでいる

nayamuhuhusoudan

お墓の継承者がいないと

お悩みの方、たくさんいらっしゃると

思います。

 

今自分がお墓を守っている方、

今後実家のお墓を継ぐけれど

自分のあとはどうしようとお悩みの方、

シングルで実家のお墓には

入らないつもり・自分のお墓を買う事に

なるけれど後継者がいない・・・

などなど、色々な立場で、それぞれの

お悩みがありますよね。

 

今すぐという訳ではなくても先々

心配という方も多く、誰もがいずれ

直面する問題です。

 

自分が親の立場なら、子供にそんな

心配を残したくないから自分の世代で

解決しておくべきか、でもやはり供養は

大事とお悩みの方もいるでしょう。

 

いわゆる「墓じまい」という方法もあります。

お墓を失くし、永代供養にしてしまう

供養方法ですが、家族で守ってきた

お墓を自分の代で「墓じまい」するのは

気が引けますよね。

墓じまいについてはこちらを参考に

 

本当に後継者がいないのか、

まずはそこから考えてみましょう。

 

お墓の後継者は「長男」だけではない

kodomokyoudai

戦前に定められた民法では

「お墓は長男が引き継ぐもの」とされ、

同じお墓にはいるのは長男夫婦のみ

決められていました。

 

代々長男夫婦のみが同じお墓に

入って引き継いでいく、いわゆる

「本家のお墓」です。

家というものがとても大切にされた

時代のお話ですね。

 

現代でもこの頃の名残で

「お墓は長男に継いでもらいたい」と

考えている方が多いようですが、

実際には長男が独身だったり、

結婚して遠方に住んでいたり、

婿養子でお嫁さんの方のお墓を

継ぐ事になっていたりと、様々な理由で

難しいケースもたくさんあります。

 

長男自身に「俺、お墓なんか

継がないよ」、「お墓を継ぐのは面倒」と

断られてしまう、という事も

少なくないです。

 

こんな場合、今は長男でなくても

お墓を引き継ぐ事ができます。

 

次男でも、嫁いだ娘でも、それ以外の

親族でも、全くの他人に継承してもらう

事ができる場合もあります。

 

「場合」というのは、そのお墓が

公園墓地にあるか、それともお寺の

ものかという事によって少し事情が

違うからです。

 

公園墓地の場合は比較的後継者の

範囲が広く、親族でなくても

大丈夫というケースがあるのですが、

お寺だと檀家の人でないといけない

という決まり事がある場合もあります。

 

そうすると後継者の宗派の違いなどが

問題になってきますよね。

ですが、相談してみれば何か

後継者に引き継いでもらえる方法が

あるかもしれません。

 

お寺のお墓でも公園墓地でも、まずは

「どんな人なら後継者になれるのか」

確認してみましょう。

 

例えば、嫁いだ娘がお墓を

引き継ぐとなれば、名字の違う人が

同じお墓に入る事になります。

この場合、墓石の名前もどうしたら

良いか相談しておくと良いですね。

スポンサーリンク

後継者選びは一方的ではダメ。元気なうちに後継者にきちんと話をしておこう

kazokudanrankaigi

お墓問題、継いでもらう側が

「うちはきっと長男が

継いでくれるから大丈夫」と

期待してお墓についての話を

何もしていないというのは

ちょっと頂けません。

 

引き継ぐ側は、お墓の事を

何も知らないのです。

 

お墓参りに行った事くらいはあっても、

法事のやり方などを後継者が

ちゃんと理解していないと大変です。

 

特に高齢者の多い田舎では、

土地特有のやり方があって、

法事にせよお墓参りにせよ、

若い世代には面食らってしまうような

事も多いのです。

 

そしてお墓にはお金もかかります。

お墓を持っていると、管理のために

毎年お金を払っていますよね。

お墓を持った事が無い人にとっては

そんな事は初耳なんです。

 

そういった事を引き継ぐ前に

きちんと話しておかないと、名義上は

いったん引き継いでもらえたけれど、

管理費がかかるとは知らず支払いを

怠ってしまって、ついには無縁仏

なってしまった、という事態に

なりかねません。

無縁仏とは何か?詳細はこちら

 

現代では「お墓を守る」事は

誰もが知っている一般常識では

なくなりました。

 

だからと言って、先祖を敬う気持ちを

全く失ったわけではなく、あくまでも

その方法を知らないだけなのです。

 

あきらめて永代供養を考える前に、

身近な人とよく相談してみて下さい。

お墓に対する気持ちが伝われば、

後継者が見つかるかもしれませんよ。

 

まとめ:事前に家族で相談しておくことが重要

このようにお墓を後継者に

引き継ぐためには、入念な相談と

準備がないと、いざという時に

対応できずに、結局無縁仏に

なってしまう恐れがあります。

 

特に、お墓のことは問題点も

多いので、事前に家族で

しっかりと相談しておかないと

後々のトラブルの原因にも

なりかねません。

 

もし、お墓を継承させるのであれば

まずはお墓をどうするのか、家族と

しっかりと相談して、トラブルのないよう

早め早めに準備を進めていくことを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク