皆さんはお墓参りの時にお墓の後ろあたりに、細長くてギザギザした木の板がある風景を一度は見たことがあると思います。

でも、これが何なのか知っている人は意外と少ないです。

 

このギザギザした木の板は「塔婆(とうば)」と言われています。

今回は、そんな「塔婆」がどのような意味を持っているのか解説していきます。

スポンサーリンク

「塔婆」はどういうものか

塔婆とは、故人の冥福を祈るという意味で立てられるものであり、故人を供養する、いわばお供え物と同じようなものです。

正確には「卒塔婆(そとうば)」と言い、塔婆をお墓に立てることを卒塔婆供養と言います。

 

卒塔婆という言葉の由来は古代インドにあり、「ストゥーバ」という言葉が中国を経て漢字に直され日本に伝わりました。

このストゥーバというのは五輪塔の形が元になっています。

gojyuunotou

五輪塔とはどういうものかというと、五重塔のような形をしたお墓あり、お墓参りに行けば、恐らく一度は目にするであろう、お寺型の墓石のことです。

ギザギザしているのは「空風火水地」の宇宙の五大要素のおかげで、人間が生かされていることを表しています。

 

つまり、どういうことかというと塔婆を立てることは「とってもありがたみのあること」という訳です。

故人の追善供養という意味を持っています。

 

塔婆は必ず必要なの?

塔婆は必ず立てる必要はなく、あくまでも供養の気持ちを表す方法の1つです。

また、宗派や地域によっては塔婆を立てる、立てないといった違いもあります。

 

例えば、浄土真宗の場合には塔婆を立てません。

浄土真宗は基本的に追善供養を行わないのが一般的なので、塔婆を立てることもないです。

 

スポンサーリンク

塔婆を立てる時、下げる時はいつ?

塔婆はお供え物の1種であるので、基本的に立てなくてはいけない日は決まっていません。

 

また、立てる本数についても、基本的には故人一人につき一本で十分と言われています。

地域の文化や家族の習慣や価値観によっても、かなり異なるのでお墓参りのたびに立てる人も入れば命日や法事、お彼岸といった節目に立てる人もいます。

 

また、塔婆も長年立てているとボロボロになってしまい、見栄えが良くないので、新たな塔婆を立てる際は古くなった塔婆は処分していきます。

その辺の扱いは、寺院や霊園の管理者と相談して、どう行われるかを聞いてみると良いでしょう。

 

塔婆っていくらするの?

塔婆の相場は一般的に3千円~1万円前後であり各寺院や塔婆の長さといったことでもその料金は変わってきます。

できる限り事前に、塔婆を立てるのにどのぐらいの費用がかかるのかを確認してから塔婆料を用意すると良いです。

 

また、塔婆を立てる場合には、事前に寺院や霊園に申し込みをして塔婆を用意してもらう必要があります。

 

塔婆の表面に墨を塗った後、乾かすのに1週間ほどかかるため早めに申し込んでおきましょう。

 

まとめ

塔婆は基本的にお供え物の1つであり、必ずしも必要という訳ではありません。

 

ただ、供養の1つでもあるので習慣や文化に習うといった方は、塔婆を立てるのも良いかもしれませんね。

その寺院や地域の習慣に合わせて上手く対応すると良いです。

 

また、このような何気ないことも知っておけばお墓参りの話題として話のネタになるかもしれませんね。

以上、参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク