「お葬式で多くのお香典をもらってもお返しは焦らなくて大丈夫なのか・・・?」

何かと頭を悩ませることの多い、お葬式の礼儀・作法。

喪主の立場にある方は、ご家族とのお別れで辛い気持ちでいる上にたくさんの慣れない行事を執り行う責任もあって、本当に大変です。

とはいえ、故人の為に来てくださった親戚や知人などには失礼がないようにしたいし、ご会葬くださった皆様に感謝の気持ちを伝えたいと考える方が多いですよね。

お葬式で頂くお香典のお返しも、早くしなくては・何をどのくらいお返しすればいいのだろうかと気になるところです。

今回は、お香典のお返しの時期や内容について、解説していきます。

スポンサーリンク

お香典の本来の意味は?

お返しの話をする前に、まずはお香典の本来の意味について簡単にお話しします。

お香典には、喪家に対し葬儀から忌明けまでの急な出費についての扶助としてお渡しするという意味があります。

葬儀は突然のもの、望まない出来事に対し備えもしづらいものですが、葬儀は営まなくてはならずその出費は避けられません。

そこをお互いに助け合いましょう、というものなんです。

ですから、葬儀にお香典をもって駆けつけてくださる会葬者の方々はすぐにお返しを渡されるものとは思っていません。

お返しは慌てる必要はありません

葬儀など一連の法要が終わり、喪主が気持ちの上でも落ち着いたころで良いとされています。

香典返しの時期は具体的にはいつ頃か?

karendahizuke

「落ち着いたころ」といっても、具体的な目安が必要ですね。

お返しの時期については、一般的には「忌明けのころ」になります。

忌明けというのは四十九日(しじゅうくにち)の事。

故人が亡くなった当日を一日目として、49日目が四十九日です。

この四十九日のころには、ごく近しい親戚や友人が集まり忌明けの法要を行う場合が多いので、それが済んだら香典返しができるように準備を進めておきましょう。

スポンサーリンク

香典返しはどのくらい?どんなものがいいのか?

okanekozeni

香典返しは、頂いた金額の半分~1/3程度を目安にお返しをします。

「半返し」と言いますが、耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

これも先に書いた「お香典は助け合い」の精神からくるもので、気持ちだけでもお返しするという風に考えてこのくらいが目安とされています。

何をお返しするかは決まっていませんが、よく用いられるのは日本茶やせっけんなどのあとに残らないものです。

不祝儀なので、不幸が繰り返さないよう消えて無くなるものが良いとされているのです。

実用的なものとしてタオルなども人気です。

お香典は頂く金額にバラつきがありますから、お返しは大まかに3段階位の価格で用意し、いずれかをお返しする方法がお勧めです。

最近では専用のカタログギフトなども人気があり、選べるのでこのほうが正直うれしいという方もいて広く受け入れられていますから、利用するのも良いと思います。

会社関係者などから連名で頂いたお香典には、まとめて半額程度のお返しをしましょう。

皆で分け合えるようなものをお返しすると良いですね。

香典返しには簡単なお礼状を添え、のしをかけます。

のしは一般的に関東では「志」、関西では「満中陰志」と書きます。

香典返し、失礼がないようにと気を遣う部分ですが、葬儀を取り仕切る葬儀社に香典返しの事も相談できる場合が多いと思います。

葬儀社ならば地域の相場や習慣をよく知っているので、いざという時には相談してみましょう。

まとめ:お香典は会葬者の気持ち。香典返しも気持ちが大切

お香典は無くなった方を悼み、ご遺族への労りの気持ちでお持ちくださるものです。

一般的にはこう、という相場のようなものはありますが、そのお気持ちをありがたく頂戴するのが一番です。あまりルールにとらわれる必要はありません。

例えば、働き手をうしない母子家庭になるという場合、香典返しは慎ましやかなものになっても差し支えありません。

お礼状だけは忘れずに、お返しをするというよりも「お礼を伝える」事を一番に考えると良いと思います。

スポンサーリンク