お墓参りに行くと必ず持っていく持ち物の1つ、お線香。

ただ火をつけてお供えするだけでは、これといった意味も感じられず、せっかくのお墓参りもなんだか寂しいと思いませんか。

 

また、大勢の人が集まるようなお墓参りの場合には、最低限のマナーとしてその作法を知っておく必要もあるでしょう。

今回は、そんなお線香の正しいお供え方について解説していきます。

スポンサーリンク

お線香の供え方

まずお線香をお供えする方法には大きく分けると2種類あり、束ねたままお供えする方法と一本一本ばらしてお供えする方法の2種類あります。

 

束ねないでお供えする場合は主に、その宗派によって具体的なお線香の供え方が変わってきます。

 

束ねたままお供えする場合

お墓参りに行き、お寺などで購入したお線香は束の状態です。

宗派とは関係のないお墓の場合には、基本的に束ねた状態でお線香をお供えしましょう。

 

ちなみに、お線香についている紙をはがさずにお供えしてしまうと、その紙が完全に燃え尽きずに残ってしまう場合があります。

火をつける前に巻いてある紙は取っておきましょう。

 

ただ、横に寝かせてお供えするタイプのお墓の場合は、紙がないとバラバラに崩れてしまいます。

そのような場合には持ち手の部分だけ巻き紙を残しておくと良いです。

 

一本一本バラしてお供えする場合

こちらは主に、宗派によってお線香をお供えする本数が違います。

簡単にまとめると。

宗派 お線香の本数
臨済宗

曹洞宗

日蓮宗

1本
天台宗

真言宗

3本
浄土宗 1~2本を2つに折る場合もあるが、特別決まりはない。
浄土真宗 1本だが、香炉の大きさに合わせて長さを調節し、横に寝かせる。火がついている方を自分から見て左になるように置く。

と、このような感じが目安と言われています。

 

ちなみに、お供えする本数こそ定められていますが、最も重要なのはお供えする本人の気持ちです。

変にマナーを意識しすぎる必要はありません。

どうしても不安だという方は周りの人に聞いたり、他の人の供え方をまねてみましょう。

 

また、地域やお寺によっても宗派や作法が異なる場合があります。

失敗を避けるためにも初めてお墓参りに行くときには、事前にご遺族の方やお墓の管理者にその宗派や作法を聞いておくと良いですね。

 

お線香の火の付け方と消し方

一本づつ火を付けるのは簡単ですが、束になっているとなかなか火が付けられません。

 

束になっているお線香全てにお線香に火をつけようとしても上手くいかないので、先端部分を少しばらしてから数本ずつ火をつけると良いです。

(お墓参りの場で直接お線香を購入した場合は、既に火が付けられていることも多いです。)

 

付け方は特に問題ないですが、火のついたお線香を消す時が重要です。

お線香の火を消すときは、お線香を縦に数回振って消すようにしましょう。

 

この時、フーっと息を吹きかけて火を消すのは無作法と言われています。

 

これには仏教が関係しています。

仏教によるよ、人間は汚れているものなので、その汚れから出た息を仏様に吹きかけることは良くないとされています。

 

個人でお墓参りに来ているときはそこまで気にする必要はありませんが、念のためマナーとして頭の片隅に入れておきましょう。

 

まとめ:過度にマナーを気にする必要はない

このようにお線香をお供えすることだけでも様々な作法があり、それぞれ意味が込められています。

ただ、必ずしもその作法通りにする必要はないので、あくまでもちょっとした豆知識程度で覚えておくと良いですね。

 

これまで何気なくお線香をお供えしていた方も、これを機会に正しい方法でお線香をお供えしてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク