お通夜が終わると次に行われる

お葬式。

 

近年は、家族形態の変化や

価値観の多様化から、お葬式を

行わない人も増えてきました。

 

葬儀は、故人をこの世からあの世へと

送り出すための宗教的な儀式の

意味合いを持っています。

 

しかし、お葬式を行うことには

他にもいくつかの意味があり、時には

家族や親族との関係を深めたり

故人がどのような人であったのかを

改めて知る、重要な機会にもなります。

 

今回は、お葬式をやる意味について

解説していきます。

スポンサーリンク

お葬式の意味はこれ

お葬式の意味、役割としては

大きく分けると

  1. 遺体の処理
  2. 社会的な処理
  3. 心理的な処理
  4. 家族的意味
  5. 宗教的意味

5つの意味があります。

 

遺体の処理

これは、そのままの意味で

実際に故人の遺体を火葬して

遺骨にすることです。

 

人間の体は死亡した後、何もせず

長時間放置していると自家融解を

起こし腐敗が急速に進むため

衛生的な面や死者の尊厳を守るために

火葬が必要になるのです。

 

社会的な処理

お葬式は、その人の死を関係者に

通知し、社会的にその事実を

証明する意味合いも持っています。

 

この機会を通じて、故人の知人と

親族とが交流することで、新たな関係が

生まれることにもつながります。

 

また、役場などの公的機関へ

届け出る死亡届や戸籍の変更といった

各種手続きや相続などの処理についても

含まれています。

 

心理的な処理

親しい家族や知人が

亡くなるということは誰にとっても

心が痛みますし、大変辛いものです。

 

しかし長い間、ずっと悲しみに

暮れているわけにも行きません。

いつかは、心から死を受け入れる

必要があるのも事実です。

 

人によっても、その辛い思いから

回復する時間は違いますが

お葬式は、その死を受け入れ

悲しみを慰めるための重要な

会となります。

 

しっかりとお葬式で故人に対しての

思いを伝えることで、死生観を深め

精神的にも大きく成長することが

できます。

 

私の友人の例ですが、その友人の

親が亡くなられたとき、最初は非常に辛い

表情をしていましたが、お葬式を

やった後は、気持ちの整理がついたのか

精神的にも大きく成長したことを感じさせる

場面がありました。

 

つまりは、故人の死をしっかりと

受け入れ気持ちの整理を付けるための

大きな節目と言えます。

スポンサーリンク

家族的な意味

これはお葬式によって、家族や

親戚が集まり、一緒に活動することで

それらのつながりをより深めるという

意味も持っています。

 

お葬式のような大きな出来事が

ない限り、親族全員が集まれることは

そんなにはないでしょう。

特に、親族それぞれが遠くで

暮らしている場合には、なかなか集まれる

機会を作ることは難しいですよね。

 

お葬式によって、それら親族が

集まることで、普段はできないような

深いコミュニケーションを取ることが

できるかもしれません。

 

そのような、家族・親族が一緒になって

故人を送り出し、思いを一つにできる

機会を設けるのがお葬式の

役割の1つでもあります。

 

宗教的意味

これはその故人の宗派や宗教といった

ことが関係してきます。

お葬式は本来、死者をあの世に

送るための宗教儀礼です。

 

これは人が死ぬと、その人の霊が

出るので、その霊をあの世の世界に

送り出す必要が出てくるという

考えから成り立っています。

 

ただ、宗教に関しては人それぞれ

異なるために、一概には言えませんが

上記の心理的な処理と

深くかかわってくる要素でもあります。

 

まとめ

このようにお葬式にもしっかりとした

役割があり、家族や知人といった

様々な人たちを結ぶ重要な機会と

言えます。

 

現代においては、核家族といった

現象に影響され家族関係が希薄に

なってきているので、必ずしもお葬式を

行うことがベストな選択肢ではなくなりつつ

ありますが、それでもお葬式をやることには

ちゃんと意味があります。

 

お葬式をやるやらないは自由ですが

お葬式にはこのような意味があるのだと

知っておけば、何かと役に立つときが

来るかもしれませんね。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク