「お葬式では普段にもましてマナーが大切」

お葬式というのは、遺族にとって大切な家族との最後の別れの場です。

御自身が故人との別れを惜しむ気持ちがあるのはもちろん、お世話になった会葬者の皆さまにも礼を尽くしたい、故人との思い出をしのんでほしいと思っているもの。

すでに亡い方を見送るためのお式ですから、やり直しはもちろん利きません。

後からみんなで「あんな事あったね」と笑い話にしたくても、お葬式はそうはいかないのです。

ですから、お葬式でのマナーは厳に守るべき。

マナー違反は非常識と捉えられ本人が恥ずかしいだけでなく、遺族にとっては大切な時間を踏みにじられたように感じる可能性もあります。

ただのマナー違反では済まないという事ですね。

今回は、そんな失敗をしないためにお葬式の服装に関するマナーについて解説していきます。

スポンサーリンク

お葬式での服装のマナーはこう!

服以外にもたくさんある。男女別・小物のマナー

osousikihukusou

喪服に関するマナーというのももちろんありますが、それ以外の小物などについてもたくさんのマナーがあります。

まずは男性から見ていきましょう。

男性のマナー

男性はアクセサリーをあまりつけませんが、お葬式ではネクタイピンやカフスをしない・する場合でもカフスは黒い石のものなど特別な決まりがあります。

アクセサリーは外し、時計も派手なものは外しましょう。

ダイバーウォッチや金属バンドの時計などはお葬式には不向きです。黒や茶の革バンドの時計なら見た目は良いのですが、文字盤に石が入っているようなものも良くないですから外してしまうのが一番です。

靴下は黒の無地、靴も黒でツヤのない物が好ましいです。

靴は革ではなく合成皮革のほうがよいでしょう。

これは、お葬式では殺生を連想させる革は嫌われる傾向があるからです。

スポンサーリンク

女性のマナー

次に女性ですが、女性はアクセサリーを普段から使う人が多いですから注意が必要です。

普段自分が何気なく使っているものがお葬式では失礼に当たってしまう事もありますから、服装・小物は隅々までチェックしましょう。

まずはメイク。

メイクは普段よりも控えめにし、赤い口紅は使用を控えましょう。

普段カラコンやつけまつげなどを使用している方も、お葬式の場では普段顔を合わせる機会の少ない年長者などもいらっしゃいますからそれだけで失礼だと思われてしまうかもしれません。

可能な限り華美なもの・自分の見た目を飾るものは外すべきです。

髪が派手な色の場合はまとめて目立たないようにするなど考えたほうがいいですね。

アクセサリーでつけてもよいのはパールの一連のネックレスと一粒パールのイヤリング・ピアスなど。

パールであってもピンクパールや二連のネックレスなどはNGです。

バッグや靴は革のものを避け、バッグは黒の布製のもの・靴もつやの少ないシンプルな形の5cm程度のヒールのパンプスが良いですね。

時計は外してバッグの中にしまっておきましょう。

女性で特に気を付けたいのがネイルです。

ジェルネイルなどは一度塗ると1カ月程度もちますが、お葬式では落とさなくてはいけません。

マットなベージュなどであればそれほど違和感はないですが、ネイルはしないのが一番です。

もう一つ、香水はやめましょう。

お葬式では皆がお焼香をし、お線香の香りが立ち込めています。ここに香水の香りは全くそぐわないし、不快に感じる方も多いものです。

また、冬場に注意したいのがコートです。どんなに寒くても毛皮はNGであるため、絶対にやめましょう。

いかがでしょうか。

普段何気なく使っているものもたくさんあると思います。

お葬式用のバッグなどの小物は、普段から用意してひとまとめにしておくとよいですね。

マナーでもう一つ注意したいのが携帯電話

osousikisumaho

服装からはちょっと外れますが、お葬式のマナーで特に注意して頂きたいのが携帯(スマホ)です。

お葬式中に携帯で話すのがNGなのはもちろんですが、携帯が鳴るだけでも良くありません。

会場に入る前にマナーモードにしてバッグの中、男性ならば上着の内ポケットにしまうなどしておきましょう。

そしてお葬式の会場内では携帯(スマホ)を取り出してメールをするなどの行為は控えましょう。

まとめ:服装も大事だが小物にも注意するべき!!

このようにお葬式の服装は派手なものを控えて地味な服装で行くことももちろん重要ですが、意外と忘れがちなのが小物のマナーです。

一回限りのお葬式で、マナー違反は許されないことなので、服装とその他小物には十分に注意する必要があります。

特に、携帯・スマホの着信音などは非常に目立つので、お葬式へ行く前に音が鳴らないよう必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク