お葬式など不祝儀についてはブラックフォーマルを着ていれば問題ないと思っていませんか?

実は、お通夜か葬儀かによっても、本来は着るべきものや持って行くべきものが違います。

今でこそ、そこまで細かなところまで気にする人は少なくなったものの、不祝儀のマナーに厳しい人はいます。

そのようなお通夜やお葬式では、少し気を付けるべきところがあるんです。

今回は、そんなお通夜・葬式で基本となる服装について解説していきます。

スポンサーリンク

お通夜・お葬式の服装マナー

お通夜でのマナー

mohukujiminairo

お通夜では本来は喪服を避け地味目な平服を着るのが良いとされています。

これは、お通夜では「突然の事にとるものもとりあえず駆けつけた」という事で、準備万端の喪服で行くのはかえって失礼にあたるという考え方からです。

準備ができている=亡くなるのを待っていたというように感じられるから、というものですね。

お香典も同じ理由でピン札は使わないほうが良いとされます。

いかにも日本人らしい、細やかな気配りですよね。(現代において、それら全てのマナーに対応する方が難しいとも言えますが。)

そうは言っても、やはりお通夜に行くのに派手な格好は好ましくありません。

最近では知らせがあって翌日がお通夜という場合がほとんどです。

この場合は喪服で行く事も可能ですが、意味合いを考えれば地味目な平服を用意するのが最も好ましいですね。

色は黒・紺・グレーなどで男女ともにスーツ、女性のワンピースが向いています。

アクセサリーや女性の化粧は控えめにした方が良いです。

男性のネクタイや靴・靴下、女性のバッグや靴などは黒いものが無難です。

光沢のある物、飾りのあるものは避けましょう。

もし、お通夜のみで葬儀には参列しないので正式なお別れがしたいという気持ちであれば、いわゆる喪服でもよいかと思います。

この場合、遺族の方よりも格が上の物になってしまわないよう配慮が必要です。

ごく控えめな装いを心がけましょう。

葬儀に参列する場合の服装は?

osousikikotobamana (1)

葬儀に参列する場合、どんな立場で参列するかによっても服装は違ってきます。

自分の身内が亡くなった場合、本来は正式礼装を着用するものですが、最近では遺族も略式礼装という場合が多くなりました。

ですから会葬者の側が正式礼装を着用して遺族よりも格が上の服装をしてしまった、という事は絶対に避けなくてはなりません。

会葬者の立場なら、略式礼装であっさりとした服装を心がけるのがちょうどよいでしょう。

正式礼装というのは、洋装だと男性ならば黒のモーニング、女性はウールかシルクのワンピースです。和装であれば男女ともに黒羽二重か染め抜き五つ紋の着物と羽織という事になります。

最近では喪主でこのような装いの方というのはあまり見かけませんよね。喪主も略式礼装が主流なんです。

略式礼装というのは、洋装だと男性ならばシングルまたはダブルのブラックスーツに白い無地のワイシャツ、カフスはしないかする場合は黒い石のもの。

洋装の女性はブラックフォーマルのワンピースかアンサンブルで膝を折って座っても膝が出ない丈のもの、長袖のものを着用します。

和装では、黒羽二重の三つ紋や一つ紋のお召しなどが略式礼装に当たります。

本来だと五つ紋の本礼装を喪主が着ているはずなので三つ紋が親族、一つ紋が一般会葬者という風になるものなのですが、最近では喪主が三つ紋という場合もあるので、なるべく格を下げた服装をしていくほうが無難かもしれません。

また、和装の準礼装では色無地や地味な小紋でマナー違反ではないのですが、昨今の葬儀では周囲が黒一色なので黒以外はたとえマナー違反でなくても浮いてしまって心配というお気持ちもあるでしょう。

そのような場合は、一つ紋の黒のお召しにしておくのが一番です。

ちなみに洋装と和装で格の上下はありません。

スポンサーリンク

お葬式に持っていくべき持ち物

osousikimanamotimonohuku (1)

葬儀では様々な小物が必要です。

日常には使わないものが多いので、普段から準備しておくと良いですね。

まずは袱紗(ふくさ)。

御香典(おこうでん)を包んで持参します。

色は不祝儀用としては紫・緑・藍・グレーなど。

紫は慶弔(けいちょう:喜び事と悲しみ事)両用です。

ハンカチは真っ白のフォーマル用ものを用意しましょう。

手袋は黒いもので焼香の時は外すのがマナーです。

雨の時のために黒の折り畳み傘があるといいですね。バッグも光沢のない黒の布製がよいです。

靴やバッグについては、厳しい方は殺生を連想させる革製のものを嫌います。

この時ばかりは品質よりも素材重視で、布製のバッグや合皮の靴などが無難と言えます。

また、忘れがちなのがお数珠(おしゅず)です。

お数珠は仏具であり、人間界と浄土の世界とをつなげる役割をするものと言われています。

お葬式には必須のものですから、自分のお数珠を用意しておきましょう。

まとめ:ある程度は事前に用意しておいた方が良い

このようにお葬式に必要になる服装やマナーは普段とは異なる特殊な場面なので、急に準備するには難しい場合もあります。

できる限り事前にお葬式の時に着ていく服や持ち物については、ある程度まとめておく方が良いでしょう。

ただ、状況によってはあまり整えすぎると違和感を与えてしまう可能性もあるので、状況にあった正しい服装で行くようにしましょう。

どうしても心配な方は喪服の専門店等に尋ねてみると良いでしょう。

より細かな小物についても解説しているのでこちらも一緒にどうぞ

スポンサーリンク