誰かが亡くなったら急にやってくる「お通夜」「お葬式」「告別式」

冠婚葬祭の中で、最も慌ててしまうのがお通夜やお葬式ですね。

冠婚葬祭というのは人が生まれてから死ぬまでの間・死後に家族が行うものも含め、家族間・親族間で執り行われる行事全般の事です。

「冠」は成人式、「婚」は結婚式、「葬」は葬儀、「祭」はお盆や法事の事を指します。

この中で事前にいつ行うかが決まっていないのが「葬」、つまり葬儀とその関連の行事です。

いざ誰かが亡くなったとなったら、この「葬」の儀式には何をおいても駆けつけたいもの。

今回は、その「葬」の儀式にあたるお通夜とお葬式と告別式、それぞれどんな違いがあるのか詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「お通夜」は身内が故人に寄り添い過ごすお別れの夜

本来のお通夜は、身内や親族が集まり、僧侶に読経してもらいお焼香をし、その後通夜ぶるまい(会食)をして儀式自体は終わりです。

その後、一晩中お線香を絶やさないようにして、寝ずに・もしくは交代で起きて故人に寄り添いつつ静かにお別れを惜しむのが通例でした。

現在では少し通夜の様相も変わっていて、身内や親族だけでなく葬儀に何等かの事情で来られないからお通夜でお焼香をしたいと参列する例も増えています。

また半通夜というのも増えていますね。

この半通夜というのは、通夜ぶるまいの後数時間灯明をともしお線香をあげて、深夜12時か1時頃にはご遺族も就寝するものです。

斎場の規則や防犯・防火上の理由もありますが、お身内を亡くし憔悴しているご遺族が一晩中起きているというのはかなり体力を消耗しますから、ご遺族への配慮という部分もあります。

いずれにせよ、身内・親族が故人と静かに別れの時間を過ごすのがお通夜です。

 

「お葬式」は故人が亡くなったことを悼み、あの世へと送り出すセレモニー

お通夜が故人との気持ちの上でのお別れの時間だとすれば、お葬式はもう少しオフィシャルなものと言えます。

お葬式には、その方が亡くなった事を広く知らせるという社会的な役割や、宗教的に故人を「この世」から「あの世」に送り出すという意味があります。

火葬まで一緒に行う場合には、やや即物的な言い方になりますがご遺体の処理を行うという役割もあります。

火葬は義務ではありませんが、日本では社会通念上ご遺体をきちんと火葬にすべきと考える人が多いですね。

そこで、葬儀の後に火葬も行う事が多いのです。

火葬をいつ行うかは地方によりだいぶ違いがあるようで、中にはお通夜の前に火葬という地域もありますから、その地域の慣例にならうとよいでしょう。

このように、単に故人とのお別れというだけでなく、社会的にさまざまな意味を持った儀式が「お葬式」です。

スポンサーリンク

故人と親交のあった方々が故人とお別れする為の会が「告別式」

告別式は、遺族や親族だけでなく故人と親交のあった友人や会社の同僚などが故人にお別れをする場です。

とは言え、最近では葬儀の直後に続いて告別式を執り行うというやり方がとても多くなっています。

ご遺族は葬儀にも告別式にも参列しますから、その負担を軽減できる方法ですね。

あるいは、葬儀は密葬として身内のみで行い、後日告別式やお別れの会を行うという場合もあります。

これは会葬者がとても多くなる場合、例えば有名人や社会的地位の高い方などの場合に多い方法です。

 

◎お通夜、お葬式、告別式の順番

不祝儀は友引の日に行わないとよく耳にしますが、これはお葬式の場合。

お通夜や告別式には関係ありません。

そこで、一般的にお通夜は亡くなった日の夜かその翌日の夜、お葬式はその後、告別式は更にそのあととなります。

実際には、葬儀式場の空き状況や僧侶の都合などでお葬式自体は半月程度先延ばしになる場合もあります。

お盆の時期などには僧侶が忙しく、どうしても先になるという場合があるのです。

告別式も、お葬式に引き続き行う場合と日を改めてという場合がありますから、厳密な日程というのは諸事情に合わせて、という事になるのです。

順番は決まっているが、日程についてはさまざまな事を勘案して決めて良いのです。

たくさんある葬儀関連の行事ですが、ご遺族はただでさえ悲しみの中にいるうえとても忙しいものです。

ご遺族の都合や希望を最優先して、日程を決めるのが良いでしょう。

 

まとめ:どれも似ているが厳密には違う!

簡単にまとめるとお通夜は

  • 身内・親族が故人と静かに別れの時間を過ごすこと

お葬式は

  • 故人とのお別れと同時に社会的な役割を担う式

告別式は

  • 遺族や親族以外にも友人や会社の同僚などが故人にお別れする式

といった感じです。

非常に分かりづらいですが、基本的に遺族以外の人が参列するのはお葬式か告別式ということを覚えておけば大丈夫ですよ!