お葬式のために地方や遠くの

場所から、会場へ向かう場合には

どうしても交通事情等で、お葬式の

時間に間に合わないという事態が

発生することもあります。

 

お葬式に遅刻してしまった場合には

一言で良いので、できる限り口頭で

お詫びの言葉を伝えるのが良いです。

 

ただ、遅刻の程度によっても

対処法が変わってくるので

状況に応じて適切な対応をとる

必要があります。

 

今回は、お葬式に遅刻した場合の

対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

遅刻するときの対処法

syazaiayamaru

まずは、斎場の関係者に連絡して

遅れることについての旨を

一言伝えておきましょう。

もしかしたら、どう対応したらよいか

アドバイスを貰えるかもしれません。

 

遅れて到着した場合、受付の

担当者がいないこともありますが

受付付近には誰かしら人がいることが

ほとんどなので遅刻のお詫びを伝え、

式場に入れる状況なら

静かに入ります。

 

15分ほどの遅刻であるならば

まだ読経やお焼香の途中である

可能性が高いので、後ろの席に

静かに座りましょう。

 

1時間以上の遅刻となると

お焼香も終わってしまっている

かもしれませんが、できる限り

駆け付けて、お焼香をした方が

良いです。

 

ご遺族の方に遅れたお詫びを

伝えられる状況ならば、その時に

弔いの言葉と共に伝えましょう。

 

ただ、当日は遺族の方が忙しくて

声をかけることができないことも

あり得ます。

 

そのような時には、無理に伝えず

後日、ご遺族の方に合った時に

口頭でお詫びの言葉を伝える方が

良いです。

 

例え遅刻したとしても遺族にとっては

葬式に来てくれることだけでも

ありがたいと思ってくれる人が

殆どなので、しっかりとお詫びすれば

許してもらえると思います。

 

一番重要なことはご遺族の方の

気持ちを配慮することです。

お詫びの言葉を伝えるなら

その時の状況をよく考えてから

伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

お香典について

okouden

お香典は本来ならば受付の人に

渡す必要がありますが、遅刻した場合

既に、受付に担当者がいなくて

渡せないこともあるでしょう。

 

その場合には、できる限り遺族の方に

手渡しで渡すようにしましょう。

 

特に、香典は金銭が関わっているので

手渡しでないと、思わぬトラブルを

引き起こす恐れがあります。

 

ただ、遺族が取り込んでおり

当日の手渡しが難しいようなら

後日、郵送や弔問にて改めて

渡すと良いです。

 

まとめ

やはりお葬式に遅れないことが

一番ですが、どんなに準備をしていても

想定外の事態が起こる可能性は

ゼロではないですよね。

 

万が一、お葬式に遅れてしまった

場合には、その時の状況にもよりますが

基本的に受付の人に一度お詫びと

挨拶を行い、後で遺族の方と

会った時に、再度お詫びの言葉を

口頭で伝えるのが無難です。

 

一番重要なのは、遺族への弔いの

気持ちであるので、その気持ちを

しっかりと伝えるようにしましょう。

お葬式に参列できない場合はどうすれば良いか?

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク