高齢になると物を飲み込む力が

低下するため、誤嚥が起こったり

時には物が喉に詰まることもあります。

 

万が一、窒息・誤嚥してしまった

場合には、

  • 状態を確認し咳を出させる
  • 背中叩打法
  • 腹部突き上げ法

の3つの処置が重要です。

 

今回は、その喉に物が詰まって

窒息しかけたときの対処法について

解説していきます。

スポンサーリンク

誤嚥・窒息したときの対応

状態を確認し、咳を出せるなら出す

sekikomukourei

窒息や誤嚥になった時には

慌てずに、まず正常に呼吸が

できている状態かどうかを

確認しましょう。

 

意識がなくなっている場合には

命にかかわる恐れがあるので

早急に救急車を要請した後、

救急隊が到着するまで心肺蘇生を

行います。

 

一人で応急処置をするのは

大変なので、できる限り大きな声で

助けを呼びましょう。

 

気道に異物が入っている場合、

声を出すことができずに、激しい

咳が出ることがあります。

 

異物除去には咳をするのが

効果的なので、咳ができるなら

できるだけ強い咳を続けさせて

取り除くようにしましょう。

 

自分で上手く咳き込むことが

できなかったり、咳き込んでも異物が

取れない場合には、救急車を呼び

救急隊が来るまでに、以下の処置を

試しましょう。

 

背部叩打法

senakatataku

背部叩打法は、その名の通り背中を

叩いて異物を取り除く方法です。

 

最初に窒息している人に、この方法を

行うことを一言伝えてから行います。

 

まず、患者さんの頭を下げて、

前かがみの状態にさせます。

 

処置を行う人は、後ろに位置取り

手の付け根の部分を背中に

当てます。

 

そして、実際に叩くのですが

叩く位置は両肩の真ん中あたりを

叩きます。

この時、しっかりと力を入れて

強く叩きましょう。

 

この動作を何度も繰り返しますが

ダメなようなら次のハイムリック法を

行いましょう。

スポンサーリンク

ハイムリック法(腹部突き上げ法)

onakaappaku

ハイムリック法はお腹を押し上げて

異物を取り除く方法です。

こちらも処置を行うことを一言

患者さんに伝えましょう。

 

窒息してしまった人(患者)を

立たせるか座らせ、処置を行う人は

患者の背後に立ちます。

 

背中から両脇に手を通し、

抱きかかえるようにし、腹部に

手を回します。

 

その状態で、窒息している人の

へその部分に手を当てたら、片手で

握りこぶしを作り、握りこぶしが

内側に来るようにします。

 

その後、もう片方の手でこぶしを

つかみ、下から素早く突き上げるよう

お腹をこぶしで押し上げます。

 

この動作を数回繰り返しましょう。

途中で意識がなくなった場合は

すぐに心肺蘇生を行います。

 

また、この腹部突き上げ法は

腹部を圧迫するので、内臓を

傷つける恐れがあります。

 

そのため、救急隊が到着したら

この方法を行ったことを必ず

伝えるようにしてください。

 

まとめ

高齢者はどうしても飲み込む力が

低下しているので、どんなに安全に

配慮していても誤飲・窒息してしまう

ことはあります。

 

万が一、誤飲・窒息した時には

背部叩打法と腹部突き上げ法

2つを行い、声をかけても意識が

ないようなら、すぐに救急車を呼んで

心肺蘇生を行いましょう。

 

窒息は突然やってくることが

ほとんどなので、いざというときに

困らないよう、応急処置の方法は

しっかりと理解しておきたいです。

以上、参考になれば幸いです。