人が亡くなった際に、まず最初に

行われるお通夜。

この「通夜」は一般的に故人と

最後の夜を過ごす儀式です。

 

ただ、これだけだとイマイチ

ピンと来ないと思います・・・。

お通夜やお葬式、告別式など

とにかく分かりずらいことが

重なるため、何がなんだか

ごっちゃになってしまいますよね。

 

今回は、この分かりずらい

通夜とはどういうものなのか

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

お通夜はこういう意味合いを持つ

omoiyari

お通夜は、一般的に遺族や親族といった

身内の人たちが集まり、故人との

最後の夜を過ごすことを言います。

 

故人を想う人が、夜通しその人の

そばについて、思い出や感謝の

気持ちを思い起こすために

設けられた大切な時間でもあります。

 

これは昔、人間の死を確認することが

難しかったために、その故人に夜通し

付き添うことで本当に亡くなっているのか

確認するために行われていたことが

関係しています。

 

今でこそ、医療技術が発展したので

そのような確認作業をしなくても

すぐに生死は判断できますよね。

 

そのため、次第に生死を確認する

ための作業という意味から、故人を

供養したり、別れを惜しむ時間に

お通夜の意味が変わったのです。

 

最近は半通夜が増えている?

本来、お通夜というのは

その名の通りに、夜を通して

行われるものですが、現在では

現実的にも難しいので、1時間から

2時間ほどで終わる「半通夜」に

なっていることがほとんどです。

 

通夜は一般的に、夜の6時、

7時あたりから行われます。

 

ただ、通夜の習慣についても

その地域や遺族の価値観で

かなり異なることがあるので

一概には言えません。

 

また、通夜は仕事を終えてからでも

参列することができる時間帯に

行われます。

 

そのため、一般的に昼間に行われる

お葬式や告別式に出席できない

人にとっては、お通夜が故人と

お別れする場になります。

 

ちなみに、故人は死後24時間が

経過するまでは、火葬を行うことが

できないので、お通夜がないという

ことは実質、あり得ません。

 

スポンサーリンク

お通夜ではどんなことをするのか?

syoukou

お通夜では、一同が着席した後

まず、僧侶の読経(どきょう)が行われ

それが終わると遺族たちから順場に

お焼香を行います。

 

儀式が一通り終わると、別室の

通夜ぶるまい(お清め)が行われ

それらが終わると半通夜の場合は

これでお開きとなります。

 

基本的には、上記のことが順に

行われますが、お焼香のやり方は

宗派によって異なるので宗派について

事前に確認しておくと良いです。

 

まとめ

このように、お通夜は亡くなった人と

最後の夜を過ごして、冥福を祈り

別れを惜しむための儀式です。

 

現代において夜通し行われることは

殆どなく、基本的には2,3時間以内に

終わることが殆どです。

 

ただ、形態はどうであれ

一番重要なことは、故人への感謝の

気持ちやその思いということは

変わりませんね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

⇒お葬式の意味はこの5つ!故人をあの世に送る儀式だった!

お葬式についてはこちらを参考に。

 

スポンサーリンク