皆さんは、お墓といえばどのようなものを想像するでしょうか。

お墓は何も亡くなった人だけが入るものではなく、現代では飼っていたペットも一緒にお墓に入ることができます。

 

ペットも家族の一員として愛し続けてきたため、ペットと同じお墓に入りたいと希望する方もいることでしょう。

今回は、そんなペットとお墓のことについて解説していきます。

スポンサーリンク

ペットと一緒のお墓に入るには?

ペットと一緒のお墓に入るために最も重要なことは、どこのお墓なら一緒に入れるのかということです。

 

ペットと一緒にお墓が増えつつあることは確かですが、現実的には認められている霊園や墓地はまだまだ数少ないです。

特に、宗教との関わりがある寺院や霊園の多くは、ペットと同じお墓に入ることは認められていません。

 

ペットと同じお墓に入ることに関しては、法律上でも特に決まりがありません。

しかし、やはりその墓地の管理者が認めていない場合は、ペットと同じお墓に入ることはできません。

 

仮にも、ペットと一緒に入ることを希望した場合、使用できる墓地が限られてしまいます。

今でこそ、ペットと一緒に入れるお墓の数も増えてはいますが、必ずしも自分の希望にあう墓地があるとは限りません。

霊園や墓地によってもペットのみ利用可能であったり、お墓の費用等も変わってくるので、自分が希望に合うお墓を見つけるまで時間がかかってしまいます。

 

そのため、実際に愛するペットが亡くなってからお墓を探しているのでは、埋葬が間に合わないかもしれません。

また、逆にペット可の墓地であっても先に人の遺骨が入っていないと、ペットの遺骨を入れられない霊園も中にはあるので、事前の確認は必須といって良いです。

 

ペットと同じお墓に入るためには早めの準備が欠かせないため、希望する場合は早めにお墓選びを始めましょう。

 

スポンサーリンク

自分が亡くなった後の手続きは?

実際に、自分が亡くなった後、ペットと一緒のお墓に入るためにはその手続きも重要です。

特に、ペットよりも自分が先に亡くなってしまった場合には、親族にペットと一緒のお墓に入りたいという意志が伝わっていないと別々に埋葬される恐れがあります。

 

ペットと一緒のお墓に入る場合、事前に親族にペットと一緒にお墓に入りたいという旨をしっかりと伝えることも重要です。

また、できる限りエンディングノートや遺言書にも、その旨を書き残しておくとなお良いですね。

 

何も知らされていないのに遺言書で突然そのことを知ったら、思わぬトラブルを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

 

まとめ:早めの準備が必要不可欠

このように、ペットと一緒のお墓に入ることは可能ですが、ペット可の墓地を希望するとなると使用できる墓地や霊園が限られてしまうのが一番大きな障壁です。

文化や価値観の変化によって、今後もこのようなペット可能のお墓が増えていくことは予想されますが、一般的なお墓の数に比べるとまだまだ少数派です。

 

そのため、ペットと同じお墓に入ることを希望する場合は早めに墓地を探しましょう。

また、自分とペットの死後に同じお墓に入れるよう、家族・親族にもその旨を伝えておきたいですね。

 

お墓を立てる費用はいくら?実際に発生する費用を分かりやすく解説

【お墓の継承者がいない!】継承者がいない時はどうするべき?

お墓の維持費ってどれぐらい?お墓よりも永代供養の方が良い?

 

スポンサーリンク