相続財産の中に不動産があり

その不動産の価値を知るために

必要になる財産の評価。

 

この土地や家の評価の場合は

路線価方式と倍率方式の

2つの方法があります。

 

ただ、これらの計算は複雑で

分かりづらく、国税庁などの行政の

解説を見ても、用語が堅苦しくて

なかなか頭に入ってきませんよね。

 

今回は、そんな路線価方式と

倍率方式の評価方法について

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

路線価方式とは?

そもそも路線価って何?

路線価とは、簡単に言うと

土地の価格のことです。

 

路線価というのは、道路や路線に

面している土地1平方メートルあたり

千円単位でその価格が決められます。

 

その路線価を使って土地の

評価額(価格)を算出しますが

その基本となる計算式は

土地の評価額=路線価×土地の面積

となります。

 

ただ、全ての家が正面道路に

正方形に建っている訳ではないので

その土地の形状や奥行、道路に

接している間口の広さによっても

補正が加わります。

 

ただ、補正の計算は非常に難しく

その結果によっても評価額が

大きく変わってくるので基本的に

一般の人が算出するのは困難です。

 

特に、相続税が関係している場合は

その算出された評価額によっても

納める税金の額が変わってくる可能も

あるので、慎重に調べたいところです。

 

そのため、基本的には税理士などの

専門家の助けが必要になります。

 

ただ、評価をしようとする土地の

路線価がどのぐらいの価格なのかは

国税庁のホームページへ行き

調べたい地域の評価倍率表を

見ることで分かります。

 

スポンサーリンク

倍率方式とは?

倍率方式は、基本的に

その評価したい土地に対する

路線価が設定されていない場合に

用いられる評価方式です。

 

路線価は、全国の主要な市街地の

道路には設定さていますが

入り組んだ地形の中にあったり

地方の農業地域などには

路線価がないことも多いです。

 

そのように路線価がない場合には

路線価の代わりとして

固定資産税評価額を使います。

 

この固定資産税評価額は

毎年、市区町村役から通知される

固定資産税の納税通知書に含まれる

課税明細書の価格、又は評価額の

欄に記載されています。

 

ただ、この評価は路線価に比べて

低い水準となっているので、

そのままでは評価額を提示できまん。

 

そのために、これを何倍かにかけて

評価額を算出する必要があるので

倍率方式と言われているのです。

 

その倍率を知るには、路線価方式と

同じく、国税庁のホームページ

一般の評価倍率表を閲覧することで

分かります。

 

まとめ

このように路線価方式はその土地に

路線価が設定さている場合に

用いられる評価方法であり

倍率方式はその路線価がない場合に

用いられる評価方法です。

 

ただ、現実的に土地の形状は

非常に複雑であり、補正等も加える

必要があるので個人の力で評価額を

算出するのは困難です。

 

特に、相続税となると

その評価額によっても相続税の

税額も変わってきます。

 

そのため、本格的に調査する

必要がある場合には、できる限り

相続税に特化した税理士又は

不動産鑑定士に依頼することを

オススメします。

【相続相談】誰に相談するのが良いの?
税理士それとも弁護士?

こちらも参考にして頂ければと

思います。