老後になって子供や周りの親戚に

迷惑をかけたくない・・・・

この記事を見ている、あなたもどこかで

そう思うところがあるでしょう。

 

特に近年は、親は子供に迷惑をかけず

老後も心配をかけたくないと考える人は

増えており、現代においてそのように

考えることは何らおかしくはないです。

恐らく、あなたもそう考える一人でしょう。

 

今回は、老後に子供たちに迷惑や

負担をかけさせないために

できることを紹介していきます。

スポンサーリンク

迷惑をかけないためにできること

事前に老後の生活の計画を立てておく

keisan

老後になると、年金による生活が

メインとなりますが、事前に老後は

どのぐらいの収入で、どのようなことに

お金を使うのかを計画しておくことが

非常に重要です。

 

特に、高齢になってくると怪我や

病気で医療費が重なることもあります。

老人ホームなどの施設に入る場合でも

お金がかかるため、事前に資金を

用意しておく必要があります。

 

老後にかかる費用を早い段階で

知っておかないと、思った以上に

出費が重なってしまい気づいた時には

貯金が底をついていたなんていう

悲惨な事態に陥ってしまいます。

 

必ずしもお金が大事という訳では

ありませんが、子供に迷惑を

かけないためには、最低限の自分の

老後のことは事前にしっかりと計画を

立てて準備しておきましょう。

 

特に、近年は老後破産などといった

貯金が十分にあるにも関わらず

破産してしまうケースも増えているので

早い段階で準備をしておくことが

非常に重要です。

老後の破産や貧困を防ぐ!その対策は長期的な計画にあり!

 

困った時に子供を頼るのは

別に悪くはないですが、お金のことで

トラブルになるのだけは

極力避けたいところです。

スポンサーリンク

健康を維持する

rougoseikat

これはとっても単純な話ですが、

そもそも健康な体であるなら

自分のことは自分で全てできるので

誰にも迷惑はかかりません。

 

つまりは、老後のために貯金をしつつも

健康を維持していれば、老後を迎えても

子供にも負担をかけずに充実した生活を

過ごすことは十分に可能なのです。

 

バリバリ働いている現役時代には

なかなか運動する機会を作るのは

大変ですが、定年後なら時間的にも

余裕があるので、できる限り健康にも

気を使っていきたいところです。

 

スポーツジムに通ったり、ランニングや

筋トレなどを行って病気に負けない

体を鍛え上げることで、病気やケガを

防ぐことができるので、最終的には

子供たちへの負担も減ることになります。

 

ただ、中には勘違いしてしまい

自分の健康を維持することよりも

先に生命保険や医療保険の方に

お金をかけて、それで安心してしまう人も

多い言われています。

 

ですが、迷惑をかけないためには

そのような保険に頼るのではなく

まず自分で自分の体を守ることが

最優先に行動していきたいです。

 

人間関係を大事にする

kazoktunagu

上記の通りにできる限り健康な体を

作ることは重要ですが、老化を完全に

止めることはできません。

時にはやむなく、病気やケガを

負ってしまうこともあるでしょう。

 

ただ、家族や親戚との悪い状態のなかで

もしあなたが介護や支援が必要になり

助けを求めたとしても、その家族や

親戚は「迷惑」だと感じることでしょう。

 

一方、介護や助けが必要になっても

お互いの関係がよく、助け合いの

気持ちがあれば、そのような事態でも

「迷惑」と感じることは少なくなります。

 

日常的にも、家族への感謝の気持ちを

忘れずに、時には助け合って

良好な関係を築いておきたいです。

 

ただ、どうしても家族・親族との

関係が悪く、ギクシャクしている場合には

きっぱりと疎遠になった方が

良いかもしれません。

 

その代わりに、友人との関係を

大切にしていけば問題ないです。

 

まとめ

老後に迷惑をかけないためには

  1. 早いうちに老後のためのお金を貯めておく
  2. そのお金の使い方をしっかり計画しておく
  3. 病気やケガに負けない強い体を作る
  4. 人間関係も良好にしておく

の4つが重要です。

 

特に、お金に関しては老後に

なってから考えていては手遅れになる

恐れがあるので、できる限り早くから

老後の計画を立てておきたいです。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク