老後のことを考えると持ち家が良いのか

賃貸が良いのか、悩みますよね。

 

将来、どうなるのかは誰にも

予測できないので、一概にどちらが

良いか決めることは難しいです。

 

しかしながら、持ち家には持ち家の

賃貸には賃貸のメリット・デメリットが

あります。

 

今回は、老後は賃貸が良いのか

持ち家の方が良いのか、その2つの

特徴について解説していきます。

スポンサーリンク

老後は賃貸?それとも持ち家?

賃貸のメリット

tintaijyutk

賃貸のメリットは、いつでも引っ越しが

可能であり、持ち家に比べても

ご近所付き合いや修繕費といった

面倒なことがないというのがメリットです。

 

自分自身のライフスタイルに合わせて

自由に家を変えられる・・・

つまりは、家に縛られずに自由に

老後を過ごすことができるというのが

一番のメリットと言えますね。

 

生活に必要な分の部屋があれば

十分といった感じなので

とりわけ、独身の人や住居の快適さに

こだわらないという人は賃貸の方が

メリットが大きいと思います。

 

賃貸のデメリット

賃貸のデメリットは、賃貸の住まいの

所有権はないために、安定した

生活が難しいということです。

大家さんの事情でどうしても立ち退く

必要が出てくる場合もあります。

 

また、高齢者は数年後に何がおこるか

分からないといった理由で、貸し出しを

断られるケースもあると言われています。

 

そして、家をリフォームすることが

できないので、バリアフリーが必要なら

高齢者向けの賃貸を探す必要があります。

 

ちなみに、ご近所付き合いについても

持ち家と比べると希薄であるという点も

人によってはデメリットになります。

 

特に、ご近所付き合いが好きな人は

賃貸に住むと寂しい思いをしてしまう

可能性があります。

スポンサーリンク

持ち家のメリット

motiieeritto

持ち家のメリットとしては

家賃のことを気にすることなく

安心して老後を過ごすことができる

という点にあります。

そして、家賃がかからないということは

賃貸と違い、長生きするほどお得です。

 

特に、現代は医療技術の発達により

平均寿命が延びてきているので

長生きするのなら持ち家の方が

良いと言えます。

 

さらに、持ち家は自分の資産なので

万が一、足腰を悪くした場合には

自由に内装をリフォームすることが

可能であり、また賃貸として

貸し出す、売却するといった多様な

運用ができるのもメリットと言えます。

 

持ち家のデメリット

持ち家のデメリットは、購入して

ローンを払い終えるといった金銭的な

ハードルが高いということです。

 

特に、住宅ローンが定年した後も

残ってしまった場合には、貯金を

崩さなくてはならず、生活が

非常に苦しくなる恐れがあります。

 

老後破産の例として住宅ローンが

払いきれずに貯金を取り崩した結果

破産してしまうといった事例があります。

老後破産って何?その原因は?

 

また例え、ローンを完済しても

持ち家の場合は、屋根や外壁などが

老朽化した・災害で破損したといった

場合には、修繕費がかかることもあり

思わぬところで出費が増える可能性が

あります。

 

そして、持ち家の場合は、同じ場所に

長く過ごすことになるため、自治会の手伝い、

地域のイベントの手伝いといった

ご近所付き合いも必要になってきます。

 

家のことでいろいろと縛られるというのが

最も大きなデメリットと言えますね。

面倒な管理が嫌いな人には

オススメできないと思います。

 

まとめ

住宅ローンや家の修繕といった

面倒な管理はしたくない、リスクを

負いたくない、いろんなところに

住んでみたいと考えているのならば

賃貸の方が良いでしょう。

 

一方、将来の資産として家が欲しい

安定した生活を過ごしたいと

考えているのならば持ち家にするのが

良いと言えますね。

 

ただ結局は、その人の価値観や

所持する資産、家族構成によっても

どちらが良いかは変わってくるので

自分の今と将来のことを良く考えた上で

どちらが良いかを判断していきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク