「お墓を持つことはできないから散骨を希望している。」

この記事を見ているということは、あなたも散骨での供養を考えていることでしょう。

散骨を行うためには

  1. 遺骨を粉骨する
  2. 散骨する場所を決める
  3. 散骨を行う

といった手順が必要になります。

一見簡単そうに見えますが、ルールを守って行わないと法律に抵触したり、思わぬトラブルを引き起こすことになるので注意が必要です。

今回は、散骨のやり方や手順、守るべきルール等について解説していきます。

スポンサーリンク

散骨のやり方・手順

業者に散骨を委託する場合(委託散骨)

kangaeru

これは遺骨を代行業者に送り、粉骨や散骨の手続きを全て業者にお任せする方法です。

散骨業者に全てを任せることを委託散骨と呼びます。

 

子の倍、業者が指定した場所(海洋ポイント)に他の方の遺骨と一緒に散骨することが多く、合同散骨となるため費用負担も約5万円前後とかなり安いのが特徴です。

遺族が直接海上へ出向く必要もなく、手間が殆どかからないため、スピーディーでなおかつ安全に散骨を行えるのが特徴です。

委託散骨の費用は概ね3万円~5万円前後となっており、他の供養方法と比較しても最も経済的な方法と言えます。

 

また、「散骨は遺族で行いたい」という方であれば、遺骨を粉骨するところまで業者が行い、散骨は遺族が行うという方法もあります。

チャーター船を使用する必要があるため、費用については5万円~10万円と若干高くなりますが、供養の気持ちを大事にしたい方にはオススメの方法です。

業者によっても費用は異なるのでいくらか比較検討してみると良いですね。

 

個人で散骨を行う際の注意事項

遺骨をしっかりと粉骨する必要がある

tyuijikou

散骨は個人で行うこともできますが、個人で散骨する場合、必ず粉骨を行ってから散骨する必要があります。

散骨するためには、遺骨を2mm以下に細かく粉骨しないといけない決まりになっています。

 

これをしっかりと守ってから散骨しないと遺棄事件に発展し、最悪逮捕されることもあります。

 

また、遺骨を細かく粉骨するのには結構な労力がかかるだけでなく、何よりも自分の手で粉骨するには精神的にもかなり抵抗があります。

個人で散骨する場合には、業者に粉骨だけお願いして、散骨は自分で行うのが良いでしょう。

粉骨代行サービスの費用は概ね1万円~2万円前後です。

 

散骨できる場所は限られるので注意

粉骨した遺骨を実際に処分する場所にも注意する必要があります。

散骨場所についての具体的な法律規制はありませんが、基本的に散骨は許可を得た私有地または海上で行います。

 

自治体の条例など散骨についての規定があることも考えられるので、その場所への散骨が認められるいるかどうか、必ず確認を取る必要があります。

また、特に避けるべき場所は

  • 他人の私有地
  • 散骨許可のない土地・施設
  • 周辺に養殖場がある海洋地域
  • 海水浴場
  • 観光地や観光ルート等の目立つ場所

といった人の目に付きやすい場所であり、このような場所への散骨は近隣住民への迷惑となるため避けるべきです。

 

また、自宅の庭への散骨も避けた方が良いです。

その土地を将来的にも所有し続けるのであれば良いですが、後々その土地を売却するとなった場合にトラブルに発展する可能性があります。

 

故人が望んでいる場所に散骨するのが最も理想的ですが、後々のことを考えると海上散骨が最も無難な場所だと言えます。

実際に散骨を行う際も、できる限り周りに人がいないことを確認してから静かに散骨する必要があります。

 

まとめ:基本的に散骨は業者に依頼すべき

このように散骨のやり方にもいくつかの方法があります。

自力で散骨することも不可能ではありませんが、処分方法を間違えると法律に抵触する危険があるため、一般の人にはオススメできません。

 

散骨業者に依頼して処分してもらうのが最も安全かつ確実な方法なので、散骨を希望する場合は散骨業者に相談してみましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット

 

 

スポンサーリンク