お墓を持つことはできないから

散骨を希望している・・・・

この記事を見ているということは

あなたも散骨での供養を考えている

ことでしょう。

 

散骨の手順としては

  1. 遺骨を粉骨する
  2. 散骨する場所を決める
  3. 散骨を行う

といった感じで、意外と

簡単なようにも見えますが

自力で行う場合にはいくつかの

 

ルールを守って行わないと

思わぬトラブルを引き起こします。

 

今回は、散骨のやり方や手順、

守るべきルール等について

解説していきます。

スポンサーリンク

散骨のやり方・手順

業者に頼むか自分でやるかを決める

kangaeru

散骨を行うにあたって、まず業者に

依頼するのか、それとも自分で

行うのかを決めましょう。

 

業者に全てを委託する場合(委託散骨)

これは遺骨を代行業者に送り

粉骨や散骨の手順は全て業者が

やってくれます。

 

業者が指定した場所(海洋ポイント)に

他の方の遺骨と一緒に散骨することが

多く、合同散骨となるため費用負担も

約5万円前後とかなり安く、そして手間も

殆どかかりません。

 

しかしながら、その簡単さゆえに

「ちゃんと供養できないのでは?」

供養方法としてはやや不適切といった

感情が残るのがデメリットと言えます。

 

業者に散骨のサポートをお願いする

こちらは遺骨を粉骨するところまでは

上記の委託散骨と同じですが

実際に散骨を行うのは遺族の方に

なります。

 

散骨の形態としては最も丁寧であり

業者のサポートがあるので

分からないことが出てきても

柔軟に対応することができます。

 

遺族の方と一緒に船に乗り

散骨式を行うことで、故人や遺族の

人にとっても納得のいく

散骨ができるのが特徴です。

 

チャーター船を使用する必要が

あるため、費用についてはやや高く

15万円~20万円といった感じです。

業者によっても費用は異なるので

いくらか比較検討してみると良いですね。

 

自分で散骨を行う

自分自身で粉骨を行い、散骨する

こともできます。

もちろん、費用はかかりません。

 

しかしながら、自力で散骨をするには

いくつかのルールを守って行わないと

思わぬトラブルを引き起こす恐れが

あります。

 

個人で散骨する場合には以下の

注意事項を踏まえた上で

行うようにしましょう。

スポンサーリンク

個人で散骨を行う際の注意事項

tyuijikou

遺骨をしっかりと粉骨する必要がある

遺骨を散骨する場合、必ず粉骨を

行う必要があります。

 

散骨するためには、遺骨を

2mm以下に細かく粉骨しないと

いけない決まりになっています。

 

これをしっかりと守ってから

散骨しないと、「遺棄事件」に発展し

最悪、逮捕されることもあります。

 

また、遺骨を細かく粉骨するのには

結構な労力がかかります。

そして、何よりも自分で粉骨するには

精神的にもかなり抵抗があります。

 

個人で散骨する場合には、業者に

粉骨だけお願いして、散骨は自分で

行うのが良いでしょう。

 

散骨する場所も慎重に

散骨は法律的にもグレーゾーンと

いった感じであり、散骨する場所にも

気を付ける必要があります。

法律では制限されていませんが

 

自治体の条例などで、散骨についての

規定がある場合があるので、散骨を

考えている場所は、大丈夫かどうかを

確認するようにしましょう。

 

特に避けるべき場所は

  • 他人の私有地
  • 散骨許可のない土地・施設
  • 周辺に養殖場がある海洋地域
  • 海水浴場
  • 観光地や観光ルート等の目立つ場所

といったところです。

 

基本的に個人で散骨する場合には

海上散骨にした方が

トラブルは少ないです。

 

沖合に出てから散骨したり

防波堤の先端で散骨するなど

周囲に配慮して行う必要があります。

 

散骨するときにはできる限り

人目を避けたところで行うのが

望ましいです。

 

故人が望んでいる場所に

散骨するのが最も良いですが

場所によっては許可されていない

こともあるので、散骨する場所には

十分に注意しましょう。

 

まとめ

このように散骨のやり方にも

いくつかの方法があります。

 

ただ個人的には、業者に粉骨や

その他のサポートをお願いして

実際に散骨は自分たちが行う

サポート型の散骨をオススメします。

 

多少の費用はかかりますが

思わぬトラブルの発生を防げますし

しっかりと供養の気持ちを表せる

散骨方法だと思います。

 

散骨を希望する場合には

そのやり方もしっかりと検討した上で

納得のいく散骨を行いましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク