相続税対策のために行われる

生前贈与。

 

生前贈与はしっかりと計画を立てて

行えば、高い節税効果が見込めますが

その手続きについては結構ややこしく

分かりづらいと思います。

 

今回は、この生前贈与のやり方や

必要になる書類について

分かやすく解説していきます。

スポンサーリンク

生前贈与の手続きの流れ

生前贈与の手続きは財産をあげる側の

贈与者ともらう側の受贈者が共同で

行う必要があります。

 

また、生前贈与を行うためには

その財産をあげる側ともらう側が

贈与を行ったということを証明する

贈与契約書を作成することが

非常に重要です。

 

この贈与契約書がないと単なる

口約束にすぎないので、一方的に

贈与を取り消されてしまうなど、思わぬ

トラブルを引き起こす恐れがあります。

 

贈与契約書には具体的に

  • 何を贈与するのか
  • 誰が誰に贈与したのか
  • 贈与した日付
  • 契約書を作成した日付
  • 贈与した人の署名と捺印
  • 贈与を受けとった人の署名と捺印

を記入する必要があります。

 

この贈与契約書には法的にも

特別決まった様式はなく、上記の

いつ、何を、誰から誰へといった

必要事項を残しておけば

問題ないです。

 

例えば現金の場合は上記のことを

まとめると以下のようになります。

贈与契約書

贈与者○○太郎を甲とし、受贈者○○一郎を乙として、甲乙間において次の通り贈与契約を締結した。

第1条 甲は、乙に対して、現金120万円を贈与することを約し、乙はこれを承諾した。
第2条 甲は、当該財産を平成27年4月1日までに乙の指定口座に振り込むものとする。

上記契約を証するため本書を2通作成し、甲乙各1通を保有する。

平成27年3月25日

贈与者(甲) 住所 ○○○○○○○○
氏名 ○○ 太郎  印
受贈者(乙) 住所 ○○○○○○○○
氏名 ○○ 一郎  印

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/453023/

この中の贈与する額や、名前、

日付などは各自でそれぞれ変更し

書類を作成します。

スポンサーリンク

不動産の場合は専門家に依頼するべき?

生前贈与する財産が

土地や住宅などの不動産の場合は

登記簿の名義を変更する必要があり

手続きが複雑化します。

 

不動産の贈与の場合には贈与税の

控除額(非課税になる基準)を

超えることが多く、贈与税の申告も

関わってくるので、できる限り

税理士や司法書士などの専門家に

依頼した方がトラブルなく進められます。

生前贈与って何?相続税だけでなく
贈与税も関係している!

 

まとめ

生前贈与は、贈与を行う際に

必ずその贈与が行われたという

証拠である贈与契約書の作成を

忘れないように気をつけたいです。

 

生前贈与があったことが第三者にも

分かるようにしておくことで

後のトラブルを防ぐためにも

非常に重要なこととなるのです。

 

ただ、どうしても不動産など

贈与手続きが難しいものの場合には

一度、税理士や司法書士の専門家に

相談することをオススメします。

スポンサーリンク