身内の人が亡くなった場合には

様々な手続きが必要になりますが

死亡届を役所に届け出ることは

非常に重要な手続きの1つです。

 

名称だっけ見れば、どのような書類かは

大体想像することができますが

その手続きの方法については

イマイチ分かりづらいですよね。

 

今回は、そんな死亡届の

申請や手続きの方法について

解説していきます!

スポンサーリンク

死亡届とは?

死亡届とは、その本人が死亡したことを

住民票に反映し、公的にもその死亡を

確認するために必要になる

書類となります。

 

死亡届は、人が死亡した後に

まず最初にやるべきことであり

この死亡届が申請されていないと

火葬を行うことができません。

 

死亡届の申請期間は

その人が死亡した日、あるいは

その死亡を知った日から

7日間以内です。

(国外で死亡した場合には

3ヶ月以内となります。)

 

この死亡届の提出期限に遅れると

遅延理由書を作成したり

3万円以下の罰金が課せられるなど

面倒なことになるので、死亡届は

早くに提出する必要があります。

 

死亡届は役所や病院に

用意されていますが、入院中や

自宅療養中に亡くなられた場合には

医師から死亡診断書と一緒に

死亡届を受け取ることになります。

 

死亡届の提出先は?

死亡届を提出できる場所は3つで

  • 故人の死亡した場所
  • 故人の本籍地
  • 届出人の住所地

のいずれかの市区町村役場に

提出します。

 

基本的に、死亡届は24時間

365日いつでも提出できます。

 

だだ、土日祝日や夜間の時には

提出のみで、埋火葬許可証の発行が

できないこともあるので、その場合は

再度受付が開いている時間に

行く必要があります。

 

また、提出した役場と本籍地や

住民登録地が離れている場合には

住民票の除票等の手続きに時間が

かかる場合があるので、できれば

本籍地や住民登録地の役場に

提出する方が良いです。

スポンサーリンク

誰が届出人になって、誰が提出を行うの?

死亡届に署名・捺印できる

届出人になれるのは基本的に

親族ですが他にも・・・

  • 親族以外の同居者
  • 家主や地主
  • 家屋や土地の管理人
  • 任意の後見人

などが届出人となれます。

 

死亡届に署名・捺印できるのは

上記に当てはまる人だけですが

実際に窓口に提出する人は

別の代行者(葬式業者など)でも

可能です。

 

ただ、実際に提出する人は

印鑑と身分証明書が必要になるので

忘れずに持参しましょう。

 

ちなみに、死亡届の書類には

故人や届出人などの住所等

重要な個人情報

記載することになります。

 

そのため、個人情報等が第三者に

知られてしまうのが心配な方は

死亡届の提出は、ご家族の方が

行った方が良いです。

 

まとめ

このように身内が亡くなった場合には

その死亡したことを証明するために

迅速に死亡届を提出する必要が

あります。

 

この手続きが遅れてしまうと

葬儀や相続など他の手続きも

遅れてしまうので、できる限り

早めに死亡届を作成し役所に

提出するようにしましょう。

スポンサーリンク