人が亡くなると、その人が持っていた

財産は、その家族や親族などに

相続されるのが一般的です。

 

しかしながら、相続されるのは

財産だけでなく、借金や負債なども

全て相続する必要があります。

 

必ずしも相続すれば良いとは

言い切れない場合もあり

そのような場合に相続放棄も

1つの選択肢となります。

 

ただ、その相続放棄が具体的に

どのようなことなのかは、いまいち

分かりづらいことでしょう。

 

今回は、そんな相続放棄について

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

相続放棄とは?どういう時に必要なの?

冒頭でも少し触れましたが

もう少し具体的に言うと相続放棄とは

相続人にならないということです。

 

相続人ではなくなるので

亡くなった方の財産等は

一切相続されません。

 

相続放棄がある理由は、亡くなった方に

莫大な借金が残されていた場合

それらが相続人だからといって

問答無用で相続されてしまうのでは

あまりに理不尽で困ってしまうので

それを回避するためにある制度です。

 

複数相続人がいる場合

相続放棄は相続人全員がしてもよく

逆に、一人だけ相続放棄することも

可能です。

 

遺産分割とは違うのか?

相続放棄は遺産分割と

間違われること多いですが

そこには大きな違いがあります。

 

あくまでも相続放棄というのは

相続人ではない状態」なので

遺産分割協議などの遺産や

相続について話し合うような場に

参加すること自体ないです。

 

より具体的にすると

例え、遺産分割協議で相続を

一切受け取らないと決めても

それは相続放棄ではありません。

 

なぜなら、遺産分割協議は

相続人でないと参加することすら

できないからです。

遺言書がないと遺産分割協議が
起こりやすい?詳細はこちらから。

 

相続放棄した人は初めから

相続人ではないことになるので

そのような相続のことについては

一切関わることができません。

スポンサーリンク

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄は口頭で言えば

良いという訳ではなく、家庭裁判所

相続放棄申述書という書類を

提出する必要があります。

 

また、相続放棄ができるのは

各相続人が自分が相続人であると

知った時から3ヶ月以内です。

 

3ヶ月を過ぎてしまってから

申請しようとすると、その3ヶ月以内に

申請しなかった理由を証明する

必要があるので、手続きが

面倒になってしまいます。

 

相続放棄が必要だと思ったら

できる限り早めに相続放棄申述書を

提出した方が良いですね。

 

申請書は近くの家庭裁判所で

入手するか。その家庭裁判所の

ホームページからダウンロードして

入手しましょう。

 

他にも、被相続人(亡くなった方)と

申請する人(申述人)の戸籍等を示す

住民票が必要になります。

 

費用については収入印紙が

相続放棄する人一人につき

800円かかります。

郵送する場合は切手も必要です。

 

申請書の提出後、数日から

数週間以内に照会書という書面が

家庭裁判所から郵便で自宅に

届くので、これにも必要事項を

記入して返送します。

 

問題がなければその後

相続放棄申述受理証明書

送られてきます。

これでようやく相続放棄が

認められることになるのです。

 

まとめ

このように相続放棄とは

亡くなった方に大きな負債が

あった場合に、その負担を

相続人が回避するために

必要となる制度です。

 

家庭裁判所で公的に認められるので

最初から相続人ではないことを示す

確かに効力のあるものとなります。

 

相続放棄が必要な場合には

早めに申請の準備を進めていきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。