相続するときに、相続する財産の総額が

一定上の場合に発生する相続税。

 

相続財産の中でも、特に土地や

家などの不動産は相続財産の中でも

関わることの多い財産ですよね。

 

不動産関係の財産の場合

相続税評価額というのを明らかにする

必要がありますが、そもそも

相続税評価額とは何なのでしょうか。

 

今回は、この相続税評価額に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

相続税評価額とは?

相続税評価額とは、簡単に言うと

相続税に関係のある土地や家の

価値がどのぐらいなのかを

実際の金額で表すことです。

 

相続税がいくらになるのかを

計算するにあたり、その相続財産が

実際にどれぐらいの価値があるのか

その金額が分かっていないことには

発生する相続税がいくらなのかも

算出することができません。

 

特に、金額が明確である

預貯金とは違って、不動産の場合は

価格がいくらなのか不明確であり

その価値を調べる必要があります。

 

そのような相続税にかかるであろう

財産の価値を評価するということで

相続税評価額と言われるのです。

 

これは不動産だけではなく

株や社債、貴金属などの多くの

財産が当てはまります。

むしろ、財産評価が必要のない

モノの方が少ないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

大まかな財産の評価方法

財産によってもその評価方法が

大きく異なるので、詳細については

一度、税務署等に相談することを

オススメします。

 

土地の場合を例に上げると

土地は基本的に、路線価を元に

その価格が決定されます。

 

これを路線価方式と言います。

 

また、その地域に路線価が

定められていない場合には

倍率方式という固定資産税評価額

その地域に設定されている

倍率をかけて計算します。

路線価方式と倍率方式って何?
複雑な土地の評価方法とは?

詳細はこちらにまとめました。

 

相続税評価額は誰に依頼するべき?

相続税が関係してくるために

基本的には、相続税の経験がある

税理士に依頼するのが良いです。

 

ただ、税理士によっても

得意とする分野が異なる場合も

あるので、税理士選びの際は

慎重に選択したいところです。

 

特に、多くの不動産を相続する

場合には、不動産関係の知識もある

人を探す必要があります。

 

また、評価する財産が不動産が中心

といった場合には、不動産鑑定士

依頼する選択肢もあります。

 

中には、税理士と不動産鑑定士の

2つを扱ている税理士事務所も

あるので、必要であるならば

探してみると良いですね。

相続問題については誰に
相談するのが良いのか?

 

まとめ

このように相続税評価額とは

相続税を算出するにあたり

必要になる続財産の価値を

評価する手続きです。

 

そのため、この相続財産の評価を

早めに行っておかないと相続税を

支払う必要があるのかどうかも

分からないままとなってしまいます。

 

相続が発生した後、できる限り

早めに行いたい重要な手続きなので

十分に注意しましょう。

 

ただ、実際に相続税評価額を出すのは

非常に難しいので、一度専門家の

税理士に相談することをオススメします。

少しでも参考になれば幸いです。

 

相続税とは?その目的は?
分かりにくい税のことを簡単解説!

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク