人が亡くなると、ほぼ必ず

発生する相続のこと。

 

特に、相続税は最近控除額が

改定され、これまで相続税が

かからなかった人も課税の対象となる

可能性が高まりました。

 

今回は、そんな相続税を

どのようにして納めるのか

その手続き方法の基本を

解説していきます。

スポンサーリンク

相続税の納め方

どうういう場合に相続税が発生するのか?

相続税は、基本的に相続する財産の

総額が3600万円以上の場合に

納める必要があります。

相続税とは?その控除額は?
相続税の基本についてはこちら

 

ちなみに、相続税の申告が必要となる

ケースは全ての相続の中でも

10%程度と言われているので、

相続税を支払う必要があるのかどうかを

まず確認しておきたいです。

 

どこに納税するのか?

相続税の納税先は、法定相続人の

住所地とは関係なく、非相続人

(亡くなった人)が最後に住所を

おいていた住所地を所管する

税務署に相続税を納めます。

 

また、相続税は相続税を支払う

必要がある、相続人1人1人が

申告書を提出する必要があります。

(共同で作成することもできます。)

スポンサーリンク

相続税の申告期限とは?

相続税を納める期限ですが

これは相続が発生してから

10ヶ月以内とされています。

 

また、相続税は金銭納付による

一括納付が原則とされています。

 

そのため、相続した財産が

家や土地などの不動産だったり

株式ばかりの場合には、それらを

売って金銭にする必要があります。

 

ただ、どうしても金銭納付が

難しい場合、別に手続きを行う

必要がありますが、物納や延納という

他の納税方法もあります。

 

申告期限に遅れてしまうと?

10ヶ月の申告期限に遅れてしまった

場合には、期限後申告書というものを

税務署に提出する必要があります。

 

期限に遅れると、税金総額の

5%~10%程の罰金が追加で

課せられることがあるので早めに

準備・申請することが重要です。

 

また、無申告の場合や、相続財産を

隠したというような場合には

税金総額の10~最大40%程の

罰金がかかる場合があるので

十分注意しましょう。

 

申告書に必要になる書類

相続税の申告にはいくつかの

書類があるために、できる限り

早めに準備することが

望ましいです。

 

最低限、必要になるのは・・・

  1. 被相続人と相続人全員の戸籍謄本
  2. 遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し
  3. 相続人全員の印鑑証明書
    (遺産分割協議書に押印したもの)

の3つは必ず必要になります。

 

ただ、他にも預貯金や借入金の

残高証明書だったり、土地の

登記簿謄本、固定資産税の

評価証明書なども必要になる

場合があります。

 

この提出書類については

その相続する財産等によっても

変わり、非常に複雑なので

できる限り、税理士や司法書士など

専門家に相続する方が

望ましいと言えます。

 

まとめ

このように相続税を納めるには

必要書類を集めたりするのでも

非常に多くの手間がかかるため

10ヶ月の期限があっても早めに

準備する必要があります。

 

相続財産によっては

個人の力だけでは、どうしても

難しく限界があるので、できる限り

専門家の人に相談することを

オススメします。

相続相談は誰に相談するのが良い?
税理士それとも弁護士?

こちらも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク