近年の流行語大賞にも登場した

就活をもじった「終活」という言葉

 

テレビやラジオ、新聞等のメディアでも

大きく取り上げられたため、多くの方は

一度は聞いたことがある言葉かと

思います。

 

でも、実際に終活と言われても

具体的に何をすれば良いのかは

なかなか思い浮かびませんよね。

 

今回は、そんな終活とは何なのか

その準備についても解説していきます。

スポンサーリンク

終活とは?そのメリットは?

roujingenki

終活とは、その名称の通りに

人生の終わりのために行う

活動のことを指します。

 

終活と聞くと、残された人のために

やるべきことといった強制的な

イメージがありますが、これは誤解です。

 

終活を行うことで、最後まで豊かな

人生を過ごし、家族への感謝や

思いやりの気持ちを表すことこそが

終活の本来の目的であり、

極端な話、別に終活をしなくても

全く問題ないのです。

 

ただ、何も意思表示もないままに

亡くなってしまったら、残された

家族はやりきれない気持ちに

なってしまい、悲しい思いを

抱いてしまうかかもしれません。

 

終活の本当の目的は、思いやりや

感謝の気持ちを表すことですが

万が一の時が来た時に、少しでも

家族への負担を減らすという

保険的な役割も持っています。

 

メリットをまとめると

  • 自身の思いをまとめられる
  • 最後まで前向きな人生を過ごせる
  • 万が一のときにも家族への負担が少ない

といった感じです。

 

強制ではありませんが、終活を

少しづつ進めることでも得られる

メリットは非常に大きいです。

 

終活を始めるタイミングとしては

定年退職後が一つの目安です。

 

これは人生の大きな転換期であり

終活は時間をかけて、行うのが

理想的でもあるので、定年退職を

目安に終活を始めるのが良いです。

 

終活で行う主なこと

エンディングノートや遺言書の作成

note1

エンディングノートとは、自分が

万が一の時のために、伝えるたいこと

あるいは残しておきたいことを

書き留めておくノートです。

 

その内容は実に多種多様であり

緊急時の連絡先だったり、

もしも自分が認知症や植物状態などの

正常な判断ができないような状態に

陥った場合にどうするのか、その際の

意思決定について書き残すことも

できます。

 

エンディングノートの場合は遺言書と

違って、法的拘束力はありません

自分の意志を自由に書き残すことが

できるので、遺言書よりも取り掛かる

ハードルは低いです。

 

いきなり遺言書を作るのはハードルが

高く、気持ちの整理がつかないので

まずエンディングノートから始めて

自分の思いをまとめることを

オススメします。

【エンディングノートとは?】
遺言書との違いやメリットとは?

詳細は別記事にまとめたので

そちらも参考にして頂ければと

思います。

 

 

荷物・財産の整理

okanesatutaba

自分の荷物や財産がどのぐらいで

どこにあるのかを、しっかりと

明確にしておくことも終活においては

非常に重要なことです。

 

特に、いざという時に備えて作った

エンディングノートや遺言書を

押し入れの奥や家族が見ないような

場所にしまってしまうと、その本人が

亡くなった後、すぐに発見されず、

見つかった時には、もう後処理が

全て終わっていたなんて事態にも

なりかねません。

 

また、自分の財産がどれぐらいで

何が遺産となるのか、金銭面なども

生前の内に明確にしておかないと、

残された家族はその遺産を

調べるのに苦労する場合があります。

 

荷物や財産をしっかりと整理することで

自分の死後、残された家族への

負担が小さくなります。

 

また、何を相続するのかを明確に

できるため、後の相続争いといった

トラブルを引き起こすリスクも

減らすことができます.

 

葬儀やお墓の準備

自分が亡くなった時に

葬儀はするのかしないのか

お墓や遺骨の埋葬方法といった

死後の手続きのことを意思表示する

ことも終活の代表例です。

 

特に、葬式やお墓などは

亡くなった後に、いざ決めるとなると

すぐに決めることは難しく、その準備を

行うだけでも大きな負担となります。

 

また、亡くなったことを伝えようにも

誰に伝えればよいか分からず

困ってしまう場合もあります。

 

生前の間に、このような葬儀や

埋葬方法を決めておくことで

そのような負担を減らし、思わぬ

トラブルを招く心配も無くなります。

 

まとめ:終活をしておけば残された家族も助かる!

このように終活は必ずしも行う

必要はありませんが、少しずつでも

終活をして万が一の時に

備えておけば、その本人だけでなく

残された家族も安心です。

 

また、終活は楽しむことでもあり

その終活によって得られることや

新たな発見も、その人の人生を

より豊かなものにできます!

 

ただ、いきなり始めるのは難しく

家族に相談するのも抵抗があると

思うので、まずは専門家の人に

相談して疑問点や悩み・不安を

解決していきましょう。

 

終活の相談であればこじょクルという

終活専門サービスを利用するのが

オススメです!

終活のための相談は無料なので、

「終活をしたいけど何から始めたら

良いか分からない!」という方は

まずはこじょクルの資料請求および

相談を受けることをオススメします!

こじょクルの公式サイトはこちらです。