一般的に終活といえば、エンディングノートを作成したり、お墓や葬式のことを決めるといったイメージがあるかと思います。

しかし、終活でやっておくべきことは他にもあり、特に重要なことは「荷物の整理」です。

 

荷物が十分に整理されていない状態で本人が他界してしまうと、残された遺族たちは一から遺品整理を行うことになり、時間的にも精神的にも大きな負担となります。

今回は、そんな終活におけるモノの整理や片付けの重要性について解説していきます。

スポンサーリンク

片付けや整理整頓がなぜ必要なのか?

生前に自分の荷物を整理することが重要である理由は、残された家族が本人の死後に、遺品や財産の整理で困らないようにするためです。

これは土地や財産と言った相続の対象となるものだけではなく、本人が所有する物全般に言えることです。

 

相続する財産に関しては整理してあっても、身の回りの荷物はほったらかしているといったケースは多いのではないでしょうか。

例えば、思い出の写真だったり、本人が大事にしていた思いでの品などは、残された家族が判断することは難しく、本当に捨ててしまっても良いのか悩んでしまいがちです。

また、あまりに残された荷物が多いと遺族はその荷物を処分する際に、処分費として多額の経済的な負担をかけてしまう恐れもあります。

 

そのために、財産だけでなく身の回りの荷物も生前の元気なうちに整理しておくことが重要なのです。

後回しにしていると身体的にも整理整頓が難しくなるので、やはり早め早めの行動が必要になります。

 

スポンサーリンク

どのように整理するのが良いの?

いざ整理整頓・片付けを始めようと思っていても、何から手をつけて良いか分からないこともあるでしょう。

ものを捨てることは精神的にもなかなか辛いことなので自分なりにモノを捨てる基準を作るのと良いです。

 

例えば

  • 2~3年以上使っていないものは捨てる
  • 捨てようか迷うモノは後回しにして、明らかに不要なモノから捨てていく
  • 思い入れ・愛着のあるモノは残す

といった感じです。

やはり何かしらの基準がないと捨てようかどうか迷ってしまうことが多いので、その区切りを設定することは整理整頓の上では欠かせません。

もしも「もったいない」と思うようなモノがあるのなら、自分だけでなく家族の方の意見を聞いてみるのも良いですね。

 

また、写真等はそのままではがさばってしまい場所を取りますが、デジタル化して電子データとして残すことができれば、大切な写真もコンパクトに残すことが可能です。

 

荷物整理はできる限り複数人で

荷物の整理や片付けを行う際は一人で行わず、できる限り家族の方と一緒に行った方が良いです。

自分の荷物であるために自分一人で進めてしまいがちですが、何の荷物がどこにあるのか、他者から見ると分からない場合もあります。

 

もし自分に万が一のことがあった時に必要になる重要な物がある場合は、その物がどこに置いてあるのか家族の誰かが知っていないと困りますよね。

重要な物がある場合は家族の方に「この重要書類はあの場所にあるから」といったことを伝えておけば万が一の時でも安心です。

 

また、本人が高齢になっており、身体的に動きが鈍くなっていると整理中に転倒してケガをする危険もあります。

整理整頓中に万が一のことが発生する危険性もあるので、一人で整頓作業を進めるのはできる限り避けたいです。

特に、重たい荷物などを運ぶ際は一緒に手を貸すなどして、安全には十分に気をつけましょう。

 

まとめ

このように終活においてモノを整理することが重要である理由は

  • 残された家族への負担を減らす
  • 万が一の時でも必要な物がすぐに取り出せる状態にする

ことの2つです。

特に、自分の所有するモノの価値はその人にしか分からないことが多いので、できる限り生前の元気なうちに少しずつ進めておきたいです。

もし、自分たちだけで荷物整理を行うのが難しい場合には、荷物整理の業者サービスに相談してみることをオススメします。

最適な遺品整理/生前整理業者を見つける方法はこちら!