終活といえば、エンディングノートを

作成したり、お墓や葬式のことを

決めるといったイメージが強いですが

モノの整理や片付けも終活では

非常に重要なことです。

 

今回は、そんな終活における

モノの整理や片付けについて

解説していきます。

スポンサーリンク

片付けや整理整頓がなぜ必要なのか?

生前に自分の荷物を整理することが

なぜ重要なのかというと、残された家族が

本人の死後に、遺品や財産の整理で

困らないようにするためです。

 

ただ、相続する財産に関しては

整理してあっても、身の回りの荷物は

ほったらかしているといったケースは

多いのではないでしょうか。

 

特に、思い出の写真だったり

本人が大事にしていたモノなどは

残された家族が判断することは

難しく、捨てて良いのか分からずに

困ってしまうこともあります。

 

また、あまりに荷物が多いと

残された家族が、その荷物を

処分する際に、多額の費用負担を

かけてしまう恐れもあります。

 

そのために、財産だけでなく

身の回りの荷物も生前の元気なうちに

整理しておくことが重要なのです。

 

後回しにしていると身体的にも

整理整頓が難しくなるので、やはり

早め早めの行動が必要になります。

スポンサーリンク

どのように整理するのが良いの?

いざ整理整頓・片付けを始めようと

思っていても、何から手をつけて良いか

分からないこともあるでしょう。

 

ものを捨てることは精神的にも

なかなか辛いことなので

自分なりにモノを捨てる基準を

作るのと良いです。

 

例えば

  • 2~3年以上使っていないものは捨てる
  • 捨てようか迷うモノは後回しにして
    確実に不要なモノから捨てていく
  • 思い入れ・愛着のあるモノは残す

といった感じです。

 

やはり何かしらの基準がないと

どうしようか迷ってしまうことが多いので

その区切りを設定することは

整理整頓の上では欠かせません。

 

もしも、「もったいない」と思うような

モノがあるのなら、自分だけでなく

家族の方の意見を聞いてみるのも

良いですね。

 

また、写真等はそのままでは

がさばってしまい場所を取りますが

デジタル化して、データとして

残すことができれば、大切な写真を

確実に残すことが可能です。

 

荷物整理は一人でやらない方が良い?

荷物の整理や片付けを行う際は

できる限り、一人で行わず

家族の方と一緒に行う方が良いです。

 

自分の荷物であるために

自分一人で進めてしまいがちですが

何の荷物がどこにあるのか、他者から

見ると分からない場合もあります。

 

もし自分に万が一のことがあった時に

必要になるようなモノがある場合は

そのモノがどこにあるのかを

誰か知っていないと困りますよね。

 

そのため、整理整頓が終わり

重要なモノがある場合は家族の方に

「これはあの場所にあるから」といった

ことを伝えておけば安心です。

(メモも同時に残しておくと

なお安心ですね。)

 

また、本人が高齢になっており

身体的に動きが鈍くなっていると

思わぬケガをする危険もあります。

 

整理整頓中に万が一のことが

発生する危険性もあるので

一人で整頓作業を進めるのは

できる限り避けたいです。

 

特に、重たい荷物などを運ぶ際は

十分に気をつけましょう。

 

まとめ

このように終活においてモノを

整理することは、残された家族への

負担を減らすために、重要なことです。

 

自分の所有するモノの価値は

その人にしか分からないことが多いので

できる限り、生前の元気なうちに

少しずつ進めることをオススメします。

 

終活って何?いつから始めて
何をすれば良いの?

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク