相続のことを決めるときに

決めなくてはならない、相続の方法。

 

その方法は主に、単純承認、

限定承認、相続放棄の3種類です。

 

今回は、その中での単純承認について

解説していきます。

スポンサーリンク

単純承認とは?

単純承認とは簡単に言ってしまえば

亡くなった方が所有していた

全ての相続遺産を相続する

(要するに受け取る)ことです。

 

相続方法としては最も一般的な

方法であるとも言えます。

 

単純承認となるケース

単純承認は以下の条件にあてはまると

ほぼ自動的に単純承認となります。

 

一度、単純承認となってしまうと

それ以降、限定承認や相続放棄は

原則として不可能となるので

気をつけましょう。

 

①相続放棄や限定承認の申請をせず3ヶ月以上経過した

相続放棄と限定承認の申請が

認められるのは、原則として

相続が発生してから3ヶ月以内

なっています。

 

これらの申請を行わなかった場合には

単純承認となります。

限定承認とは何か?

 

基本的に、この3ヶ月の間に

遺産をどうするのかの

方針を決定していきます。

 

②相続財産を全部又は一部を処分した場合

相続人が自分に相続される財産が

あることを知っていて、その相続財産を

売却したり、処理・処分した場合には

単純承認となります。

 

③限定承認又は相続放棄した者が財産を不当に扱った場合

具体的には、限定承認又は

相続放棄した人が、その後に

相続財産を隠蔽したり、消費など

勝手に相続財産を扱った場合です。

スポンサーリンク

単純承認のメリット

一番のメリットは他の限定承認や

相続放棄と違って家庭裁判所に

申請をしたりする必要がないため

手間がかからないということです。

 

主に、相続財産に負債がない場合には

自動的に単純承認になることで相続の

手続きがスムーズに進められます。

 

単純承認のデメリット

何もしなくてもほぼ自動的に

相続方法が決まるために

一見、単純で楽そうに見えますが

相続するのは財産だけでなく

負債を抱えていた場合には

これらも相続することになります。

 

負債がそこまで多額ではなければ

相続した財産を負債の返済に

あてることで、なんとかなりますが

負債が財産よりも多額になる場合

相続したいとは思わないでしょう。

 

ただ、限定承認と相続放棄の

申請期限である3ヶ月の間、

申請手続きを放っておくと勝手に

単純承認になってしまい、遺産に

負債があっても全て相続する

事態になってしまいます。

 

財産に対してあまりにも負債が

多いという場合には単純承認ではなく

相続放棄(相続人にならないこと)を

選択した方が良いです。

相続放棄とは何か?手続きの流れとは

 

ちなみに、相続財産と負債が

どれぐらいなのかが分からない場合

限定承認という方法もありますが

限定承認は手続きが複雑であり

弁護士などのサポートがないと

申請は難しいです。

 

そのため、一般的に相続する遺産に

明らかに負債がない場合は単純承認で

そうでない場合は、相続放棄という

選択を選ぶケースが多いようです。

 

まとめ

単純承認は簡単に言えば

普通に全ての遺産を相続するという

相続方法です。

 

限定承認や相続放棄の申請期限が

3ヶ月以内なので、その間に遺産に

負債がないことが明らかになれば

単純承認で問題ないです。

 

後々、トラブルを引き起こさないためにも

相続が発生したらできる限り早めに

相続財産や負債がどれぐらいなのかを

必ず調べておきましょう。

限定承認の手続きの流れとは?

こちらも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク