遺骨といえばお墓に入れて供養するのが、これまでの一般的な考えでしたが、近年は供養形態も多様化し、散骨や樹木葬といった供養方法も注目を集めています。

さらには、手元供養と言わてる故人の遺骨を自宅で保管したり、アクセサリーといった形にして残すといった供養方法もあります。

今回は、その手元供養の特徴と、実際に手元供養を行う際の手順等について解説していきます。

スポンサーリンク

手元供養の種類は2つある

ikotuirasut

手元供養は、文字通りに自宅で遺骨を保管することですが、遺骨の保管方法にも2つあります。

  • 遺骨や遺灰の全てを手元に残す
  • 一部を残して、残りは墓地に納骨または散骨する

の2つです。

どちらが良いかは供養に対する考え方によって違います。

 

人によっては、転勤が多かったり、遺族の住居地がバラバラといった理由でお墓を守ることが難しいこともあるでしょう。

そのような場合には、持ち運びが楽な形の方が良いですよね。

 

一方で、全てを手元に残すのではなく遺骨の一部はしっかりとお墓に納骨して供養してあげたいと考える人もいると思います。

あなたやその家族の方がどのように考えているのかを配慮した上で、供養方法を選択しましょう。

 

ちなみに、「遺骨はお墓に入れるべき」「分骨だと成仏できない」とよく言われますが、そのような考えは俗説や迷信であり、必ずしも正しいとは言えません。

「遺骨の供養方法」に明確な決まりはなく、例え供養の形が違っても、故人を思う気持ちを表せる形であれば問題ありません。

人によっても「正しい供養方法」のあり方は違うので、予め家族で納得のいく供養方法を見つけるようにしましょう。

 

手元供養のやり方

分骨して手元に残す場合には必要な手続きはありませんが、後に、お墓に埋葬する場合にはその遺骨が誰のものかを示す「分骨証明書」が必要になるので気を付けましょう。

また、手元供養といってもその形態にもいくつかの種類があり

  • 自宅安置型
  • 納骨ペンダント型
  • 加工型

といった種類があります。

業者によってそのラインナップはバラバラなので、希望に合うものを作ってくれる業者を探しましょう。

 

自宅安置型

自宅安置型とは、小さな骨壺などに遺骨を入れて自宅に保管する手元供養の方法です。

骨壺にも様々な種類があり、それぞれデザインや形、素材も違います。

 

陶芸が好きな人は自分で器を作ることもできますし、小物入れに故人が好きだったものを一緒に入れて飾ることもできます。

要するに、家の中に小さなお墓があるイメージです。

 

ペンダント型

遺骨をペンダント等の小物に入れて自由に持ち運べるようにする方法です。

入れられる遺骨の量は少しですがペンダント型なので、形見として常に身に着けることができるのが一番の特徴と言えます。

 

「故人を身近に感じていたい」「大切な人との絆を守りたい」と考える人にオススメですね。

また、遺骨全ては入らないために自宅安置型や、散骨、納骨といった残りの遺骨は別の方法で供養する人にもおよく選ばれる方法です。

 

ペンダントの種類も豊富であり、オプション等でダイヤなどをつけるといった加工も可能です。

これも業者によっても商品が異なるので、比較検討してみると良いでしょう。

 

ただし、持ち運べるということは紛失する可能性もあるので、扱いには十分注意する必要があります。

 

加工型

ペンダントでなくても、遺骨を置物といった別の小物に加工して保管するという方法もあります。

プレートのようなものに加工して故人へのメッセージや思いを刻印することができます。

 

遺骨や遺灰をガラスに混ぜて小物を作ったり、ミニ地蔵といったオブジェクトに加工するといったこともできるのが特徴です。

 

手元供養の費用について

手元供養の場合、選択する商品にもよりますが、従来のお墓を立てて供養する方法よりも安く済むケースが殆どです。

実際にかかる費用に関しては、数万円程度の安価なものから、数十万程度の高価なものまで実に様々です。

 

どのような形で遺骨を残すのかその方法によっても必要になる費用も大きく異なります。

例えば、大きいプレートを作ったり、ダイヤモンドのように高価なものを付属させる場合には、その費用は高くなります。

 

また、すでにお墓に納骨されている遺骨を取り出す際に、お墓の管理者によっては、別で費用がかかる場合があるので注意しましょう。

予算と供養に対する考え方に配慮して、最も納得のいく方法を選択しましょう。

 

まとめ

遺骨は必ずしも墓に納骨する必要はなく、手元に残して供養する方法もあります。

ただ、どの供養方法にしても故人への感謝の気持ちが一番重要です。

満足のいく供養方法を選択して大切な人との絆を忘れないようにご供養していきましょう。

 

手元供養以外の方法については「お墓を持たない人の供養方法」を参考にして頂ければと思います。

 

失敗しないお墓探しなら
もしもドットネット

 

スポンサーリンク