遺骨といえばお墓に入れて

供養するのが、これまでの一般的な

考えでしたが、近年は供養形態も

多様化し、散骨や樹木葬といった

供養方法も注目を集めています。

 

さらには、手元供養と言わてる

故人の遺骨を自宅で保管したり

アクセサリーといった形にして

残すといった供養方法もあります。

 

今回は、その手元供養の特徴や

やり方について解説していきます。

スポンサーリンク

手元供養の種類は2つある

ikotuirasut

手元供養は、文字通りに自宅で

遺骨を保管することですが、遺骨の

保管方法にも2つあります。

  • 遺骨や遺灰の全てを手元に残す
  • 一部を残して、残りは墓地に納骨または散骨する

の2つです。

どちらが良いかは供養に対する

考え方によって違います。

 

人によっては、転勤が多かったり

遺族の住居地がバラバラといった

理由でお墓を守ることが難しいことも

あるでしょう。

そのような場合には、持ち運びが

楽な形の方が良いですよね。

 

一方で、全てを手元に残すのではなく

遺骨の一部はしっかりとお墓に納骨して

供養してあげたいと考える人もいると

思います。

 

あなたやその家族の方がどのように

考えているのかを配慮したうえで

どちらが良いかを決めましょう。

何も相談なしに行うと、思わぬ

トラブルを引き起こす恐れが

あります。

 

ちなみに、分骨だと成仏できないと

よく言われていますが、仏教に

おいてはそのような考えはありません。

 

手元供養のやり方

分骨して手元に残す場合には

必要な手続きはありませんが

後に、お墓に埋葬する場合には

その遺骨が誰のものかを示す

分骨証明書」が必要になるので

気を付けましょう。

 

また、手元供養といっても

その形態にもいくつかの種類があり

  • 自宅安置型
  • 納骨ペンダント型
  • 加工型

の3種類です。

 

業者によってそのラインナップは

バラバラなので、希望に合うものを

作ってくれる業者を探しましょう。

スポンサーリンク

自宅安置型

自宅安置型とは、小さな骨壺などに

遺骨を入れて自宅に保管する

手元供養の方法です。

 

骨壺にも様々な種類があり

それぞれデザインや形、素材も

違います。

 

陶芸が好きな人は自分で器を

作ることもできますし、小物入れに

故人が好きだったものを一緒に入れて

飾ることもできます。

 

ペンダント型

遺骨をペンダントに入れて

自由に持ち運ぶ方法です。

 

入れられる遺骨の量は少しですが

ペンダント型なので、形見として

常に身に着けることができるのが

一番の特徴と言えます。

 

「故人を身近に感じていたい」

「大切な人との絆を守りたい」と

考える人にオススメですね。

 

また、遺骨全ては入らないために

自宅安置型や、散骨、納骨といった

残りの遺骨は別の方法で供養する

人が多いと言われています。

 

ペンダントの種類も豊富であり

オプション等でダイヤなどを

つけるといった加工も可能です。

 

ただし、持ち運べるということは

紛失する可能性もあります。

 

加工型

ペンダントでなくても、遺骨を

置物といった別の小物に加工して

保管するという方法もあります。

 

プレートのようなものに加工して

故人へのメッセージや思いを

刻印することができます。

 

遺骨や遺灰をガラスに混ぜて

小物を作ったり、ミニ地蔵といった

オブジェクトに加工するといったことも

できるのが特徴です。

 

費用はどのくらいなのか

手元供養の場合、一般的には

墓供養に比べるとかなり安価です。

 

相場としては、おおよそ

5万円~100万円といった感じです。

どのような形で遺骨を残すのか

その方法によっても必要になる

費用も大きく異なります。

 

例えば、大きいプレートを作ったり

ダイヤモンドのように加工するといった

ことを行う場合には、その費用は

高くなります。

 

また、すでにお墓に納骨されている

遺骨を取り出す際に、お墓の

管理者によっては、別で費用が

かかる場合があるので、注意しましょう。

 

予算と供養に対する考え方に

配慮して、最も納得のいく方法を

選択しましょう。

 

まとめ

遺骨は必ずしも墓に納骨する

必要はなく、手元に残して

供養する方法もあります。

 

ただ、どの供養方法にしても故人への

感謝の気持ちが一番重要です。

 

満足のいく供養方法を選択して

大切な人との絆を忘れないように

ご供養していきましょう。

お墓はいらない!墓を持たない人の供養方法はこの4つ!

こちらも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク