お通夜やお葬式に出られない人が、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝える電報のことを「弔電(ちょうでん)」と呼びます。

弔電は、お通夜やお葬式にやむ負えない事情で参列できない場合に、遺族の方にお悔やみの気持ちを表す電報です。(対義語として祝電があります。)

 

ただ、このようなお葬式に関係することは宗派や葬式の形態など複雑に関わってくるので、イマイチ分かりにくいですよね。

今回は、そんな弔電とは何か、その送り方等について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

弔電の送り方について

弔電の送り方には

  • 電話(NTT)
  • インターネット
  • 郵便局

の3つの方法がありますが、不慣れな方は電話での申請をオススメします。

電話であれば専門のオペレーターと相談しながら弔電とメッセージ内容を作成するので、初めての方でも間違える心配もなく安心です。

 

送られた弔電は、弔電披露という形で司会の方が式中に読み上げます。

そのため、弔電は葬式が始まる前にまでに送る必要があります。

 

なお、「訃報を知ったのが葬式が終わった後だった」という場合には、弔電ではなく、お悔やみの言葉を手紙にして送るか、後日弔問に伺った方が良いです。

弔電が間に合わないということは割と良くあることなので、その場合は焦らず次の対応を行いましょう。

 

電話で弔電を申し込む方法

電話の場合には、局番なしのダイヤル115番にかけるとつながり、公衆電話からも申し込めます。

電話での受付時間は8時から20時までです。(年中無休)

19時までの申し込みであれば全国当日中に弔電を送ることができます。

 

電話で申し込む場合、

  • 通夜または告別式の会場名・住所・電話番号・日時
  • 故人様または喪主様の名前

が必要になるので、予め準備しておきましょう。

弔電のメッセージに関しては、オペレーターと相談しながら決められます。自作メッセージも可能ですが、不慣れな方は文例から選ぶのが無難です。

 

なお、料金に関しては「台紙の料金+文字料金+オプション」といった形態になっています。

 

家族葬の場合は弔電も不要なのか?

家族葬の場合には、弔問はできませんが、弔電についてはケースバイケースといった感じです。

弔電を送った方が良いかどうかは故人と関係の深さによっても変わってくるので、とっても親しい関係にあった場合には弔電を送ると良いでしょう。

 

基本的にそのような何か特別な指定がない場合には、弔電を送っても問題はないです。

ただし、もし訃報に「香典やお供物等は辞退させていただく」というような内容が書かれている場合には、弔電も含むと考えられるので送らない方が無難です。

 

送るべきかどうかで迷ったら

家族葬を選択した遺族は恐らく、身内だけでひっそりと葬儀をしたいと考えておられると思います。

しかしながら、弔問は迷惑でも弔電の場合には特に迷惑と感じることはないと言われています。

 

実際に自分がもらう立場に立って考えてみると分かりやすいでしょう。

家族だけでひっそり葬儀をやりたいのに、弔問者が挨拶に来ると、精神的に気を使ってしまい非常に疲れますよね。

 

でも、弔電(手紙)で来るのならある程度、落ち着いた後でも対応することができますよね。

弔問は迷惑でも、大切な人からの弔電を不快に思う人いないでしょう。

 

弔電については明確なマナーが決められていないので、どうしたら良いか分からないことも多いですが、供物を辞退するといった通知がない場合には送っても良いと思います。

 

まとめ

弔電は絶対に正しいというような決まりがなく、あいまいな部分も多いですが、一番重要なのは故人やその遺族の気持ちを尊重することです。

弔電を送る際には、その遺族の意向に沿った形で対応するのが望ましいですね。

 

必要ならばできるだけ早くに弔電を送るようにしましょう。初めて弔電を送る方は間違える可能性の少ない電話での申し込みをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク