介護保険サービスを受けるために

必要になる介護認定の手続き。

 

いざ介護保険サービスが必要に

なったときに、介護認定を

受けていないと困ってしまいます。

 

ただ、このような認定の公的な

申請については、堅苦しくて

イマイチよく分からないことも

多いかと思います。

 

今回は、そんな介護認定の

流れや手続きについて

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

要介護認定とは?

要介護認定とは、65歳以上の方

介護や支援を必要とした場合に

介護保険サービスを利用するために

その介護・支援が必要だということを

証明するための手続きになります。

 

65歳以上になると介護保険の

サービスを受けられますがそれは

介護や支援が必要だと認められた

人に限られています。

 

要は、要介護認定を受ければ

介護保険サービスを受けることができ

様々な介護サービスにおいて

負担額を減らすことができます。

 

ちなみに、65歳未満の方でも

一部の疾患により、介護・支援が

必要な場合には、要介護認定を

受けることができます。

介護保険とは?
わかりやすく言うとこんな制度!

 

要介護認定を受けるには?

申請書の記入・提出

要介護認定を受けるためには

まず市区町村役場の

福祉課や介護保険課などに

要介護認定申請書を入手し

必要事項を記入します。

 

申請書は役場の窓口でも

入手できますが、インターネットで

市区町村のホームページから

申請書をダウンロードすることでも

入手できます。

 

申請書類には介護保険被保険者証の

番号、65歳未満の場合には

医療保険の被保険者証の番号を

記入する必要があります。

 

書類が完成したら、元の役場に

提出しますが、この時にも

介護保険被保険者証や

医療保険の被保険者証が

必要になるので忘れずに

持参しましょう。

スポンサーリンク

一次審査(訪問調査)

要介護認定は、ただ書類を出せば

認められるという訳ではなく

実際に調査員が高齢者と面会して

その状態を確認します。

 

一次審査または訪問調査といい

身体機能や認知・判断機能などを

確かめます。

これは全国一律の判定基準に

基づいて判定が行われます。

 

二次審査

一次審査の調査の結果を元に

その後、介護認定審査会という

審査にかけられ、要介護度の

判定を決めます。

 

この審査には、保険や医療、

福祉関係者、数人で

構成されています。

 

認定

申請から30日以内に

要介護・支援についての

判定結果が届きます。

 

その判定基準には有効期限があり

基本的には3ヶ月単位

設定されています。

 

判定に不服がある場合には

通知を受けた翌日から60日以内なら

各都道府県の、介護保険審査会に

申し立てることができます。

 

ただ、要介護と認定されなかった

人でも、介護保険外のサービスや

福祉、地域の支援事業は

受けることができるので

地域包括支援センター等に

一度、相談すると良いです。

 

まとめ

このように要介護認定には

いくつかの手続きがあるため

介護が必要だと感じた場合には

早めに申請手続きをしておくのが

望ましいです。

 

特に、介護サービス事業の多くは

要介護度や支援度の段階によって

利用できるサービスに制限があるので

介護認定を受けることは

非常に重要です。

【要介護度とは?】区分によって
受けられるサービスは異なる?

こちらも参考になればと思います。

 

介護に関する不安や疑問

詳しい認定の流れなど、心配な方は

一度、お近くの市区町村の窓口に

相談することをオススメします。

スポンサーリンク