何かとトラブルを防ぐために必要だと

言われている遺言書。

 

まだ元気だから遺言書は

必要ないと思っていても

いつ何が起こるか分かりません。

 

遺言書は非常に重要だと

言われていますが、逆に遺言書が

ない状態で亡くなってしまうと

どうなってしまうのでしょうか。

 

今回は、そんな遺言書がないと

どうなるのか、その後の流れについて

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

遺言書がないとどうなる?

遺言書がないといっても

特別問題がある訳ではないです。

 

遺言書がない場合、遺産の分配方法は

民法で定められており、原則的に

その規定に従って遺産を分配します。

 

具体的には法定相続人になった

人の間で話し合う遺産分割協議

行う必要あります。

 

法定相続人の範囲とは

法定相続人とは遺言書がない場合に

設定される相続人のことですが

この相続人には優先順位があり

その優先順位の高い人に

相続することができます。

 

効力のある遺言書がある場合には

そちらの方が優先されます

遺言書がない場合には、民法で

定められた順序で決められます。

 

順位について簡単にまとめると

配偶者 被相続人(亡くなった方)の夫または妻は常に相続人となります。
第一順

(直系卑属)

配偶者と被相続人の子、子がいなければ孫が相続人となります。
第二位

(直系専属)

第一位に該当する人がいない場合、被相続人の父母、祖父母が相続人となります。
第三位

(兄弟姉妹)

第二位にも該当する人がいない場合は、被相続人の兄弟や姉妹が相続人となります。

一部例外もありますが基本的には

このような感じで順位が決まります。

 

また、違う順位の法定相続人が同時に

法定相続人になることはありません。

(例:被相続人に子供がいる場合は

両親や兄弟姉妹は相続人にならない。)

 

ここで決まった法定相続人の間で

法定相続分を決めます。

スポンサーリンク

民法通りに上手くいくとは限らない!?

上記のように民法に従って

分配することができるのなら

遺言書がなくても問題ないのではと

思ってしまいます。

 

しかし、ここには大きな障壁があり

それは遺産の分け方に対して

法定相続人が全員一致で合意する

必要があるということです。

 

例え、法定相続人の中で

音信不通の方がいる場合であっても

その人が実際に協議に参加して

合意するまではいつまでたっても

物事が進みません。

 

そのため、音信不通の相続人を

探すことだけでも多くの時間を

使ってしまいます。

 

また、協議で相続分について

納得がいかず、話がまとまらないことも

非常に多く、このことが原因で

家族関係そのものが悪化してしまう

ケースさえもあります。

 

最悪、家庭裁判所に申し立てる

事態にまで発展してしまいます。

 

このようなトラブルを引き起こす

ことがあるので、あらかじめどのように

相続するのかを定めておく遺言書は

非常に重要なものと言えるのです。

 

まとめ:遺言書がないと大変なことになるかも!?

このように遺言書がない場合には

民法に定められた規定の通りに

法定相続人だったり、相続分などが

決定されます。

 

すんなりと話がまとまれば良いですが

現実問題、そう上手く話し合いが

進むケースは稀です。

 

今回は、あまり細かなところまでは

取り上げませんでしたが、流れを

簡略化したこの文章を読んだだけでも

遺言書がない=とてもめんどくさい

ということが伝わったと思います。

 

本来は、これ以上に複雑になり

裁判沙汰になるケースも珍しくなく

残された親族関係が悪化する

事態にもなりかねません。

 

できる限り早めに遺言書を作成しておき

いざという時に、家族が困らないよう

準備をしていきたいですね。

この記事で少しでも遺言書への

理解が深まれば幸いです。

遺言書とは何か?遺言書の
持つ意味や3つの種類とは?

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク