遺言者の死後、相続を円滑に進めるために作られる「遺言書」

遺言書の内容によっては自分が亡くなる前に見られると困るため、厳重に保管する必要があります。

 

しかし、逆に慎重になり過ぎてしまい、誰も遺言書を見つけてくれないのでは遺言書の意味がありません。

特に、遺産分割が決まった後から遺言書が発見されると、思わぬトラブルを引き起こす危険もあります。

今回は、そんな遺言書の保管と管理方法について解説していきます。

スポンサーリンク

遺言書の保管方法

遺言書の保管方法は、その遺言の作成方法によって異なります。

大きく分けると公正証書遺言と、それ以外の遺言書の2つに分けることができます。

 

公正証書遺言の場合

この遺言書は、原本が公証役場に保管されているため、保管や管理についての心配がありません。

また、保管のための管理費もかからないというメリットもあります。

 

この公正証書遺言の遺言書を引き出せることができるのは、遺言者本人か、その正当な代理人に限られています。

遺言書の存在が明らかになっても、その内容が他者に漏れることもありません。

 

保管・管理についての心配もなく最も確実性のある遺言書なので、できればこの公正証書遺言で遺言書を作成しておきたいです。

 

自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合

これら2つの遺言書の場合、作成した遺言書の保管は自己管理となっています。

 

簡単に見つかるところに保管してしまうと、生前に家族に中身を見られてしまう可能性があります。

逆に、見つかりづらい場所に保管しておくと、せっかく作成したのに誰にも発見されない恐れもあるため、保管方法は非常に悩ましいです。

 

特に、自筆証書遺言の場合は原本でないと効力がないので、コピーが見つかっても原本が見つからないようでは意味がありません。

確実に保管でき、なおかつ、いざという時には確実に取り出せる場所に保管する必要があります。

 

遺言書の保管方法

公正証書遺言の遺言書以外は、基本的に自分で保管する必要があるので、保管場所は慎重に選ぶ必要があります。

自宅で保管する

自宅に保管する場合は、耐火金庫や鍵の付いている引き出し等に保管するのが望ましいです。

自宅だと生前のうちに遺言書の中身が見られてしまう可能性があるため、必ず鍵付きの場所に保管するようにしたいです。

 

自宅で保管するメリットは費用が殆どかからないことと、すぐに取り出しやすいという点です。

 

ただし、相続人が金庫や鍵を空けることができなければ、遺言書が発見されない恐れがあります。

また、万が一、自然災害等で自宅が崩壊したり、火災が発生した場合に、遺言書を紛失する恐れもあるので注意したいです。

 

銀行の貸金庫の場合

家以外の保管方法として一般的なのは、銀行の貸金庫があります。

 

貸金庫の大きさや費用については銀行によって異なりますが、小さいサイズの貸金庫であれば年間1万円~2万円程度と安く済みます。

また、生前には契約者本人とその代理人が貸金庫を開けることが可能です。

 

しかし、金融機関の貸金庫は遺言者(契約者)が亡くなった場合、その金庫を開けるためには相続人全員の同意が必要です。

機密保持に関しては心配いりませんが、相続人全員の同意が必要になる以上、相続手続きが長引く恐れもあります。

 

ただでさえ、遺言書の内容を開くだけでも、検認という手続きで大変なので、その前の貸金庫を開ける手続きも必要になってしまうと二度手間です。

相続人全員がしっかりと協力してくれるなら良いですが、現実的になかなか難しいでしょう。

 

特に、相続人が多い場合は、それだけ同意に時間がかかるので貸金庫は避けたほうが無難です。

 

守秘義務のある専門家に保管を依頼する

ここでは主に、弁護士が当てはまります。

弁護士には守秘義務があるため、遺言書の内容が漏れる心配もないので機密性も保たれます。

 

また、遺言者本人が弁護士と一緒に遺言を作成した場合には、その遺言の要点や趣旨が正確にまとめることができるため、後々の相続手続きもスムーズに行える可能性が高いです。

さらには、その遺言者本人が実際に亡くなった際に、相続人の間のトラブルを防ぐためにも、遺言執行人として依頼しておくとより一層安心です。

 

準備に時間や手間がかかったり手数料などの費用が必要になりますが、保管方法としては最も確実で安心なので、公正証書遺言以外の遺言書の保管はこの方法がオススメです。

 

まとめ:公正証書遺言以外は弁護士に依頼した方が良い

このように遺言書の保管には「機密性」と同時に、いざという時に「遺言書が見つかるかどうか」の兼ね合いが非常に重要になります。

弁護士に依頼して保管してもらう方法が相続人に負担をかけず、保管する本人も心配しなくて済むので、最もオススメできる保管方法と言えます。

 

できれば公正証書遺言で遺言書を作成しておきたいですが、難しい場合は、保管場所・方法には十分注意しましょう。

以上、少しでも参考になれば幸いです。