在宅介護にもメリットとデメリットがあり

在宅介護のメリットは

  • 要介護者・介護者共に安心できる
  • 金銭的な負担が小さい

 

一方のデメリットは

  • 要介護度が高いと負担も増大
  • 時間的にも縛られる
  • 緊急時の対応が難しい

ということがあります。

 

今回は、その在宅介護のメリットと

デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

在宅介護のメリット・デメリット

在宅介護のメリットはこれ!

要介護者が安心できる

otosiyoriansin

在宅介護の一番のメリットは

やはり要介護者とその家族が

自宅という最も安心できる環境で

生活できるということです。

 

特に、本人が若い時に自ら

建てた家の場合には、その愛着や

安心感は非常に大きいでしょう。

 

また、例え施設に入居することが

できても、見ず知らずの入居者と

生活を共にすることになるので

なじめない人にとっては精神的に

辛い思いをすることになります。

 

在宅介護の場合には、そのような

他人のことで気づかうことも

少ないので、要介護者の

精神的にも余裕が持てます。

 

また、施設に入れるといった場合

その家族は、施設では適切な

サービスが提供されているのか

心配になる人もいます。

 

特に、近年は老人ホームでの

虐待といったニュースが話題と

なったこともあり、その心配や

疑いも高まっています。

 

在宅介護ならこれまでと同じように

住み慣れた自宅で生活できるため

安心感ではダントツで高いです。

 

介護費用が安くて済む

okane

在宅介護の場合には金銭的に

施設に入れるよりも、はるかに安く

済むことが多いです。

 

特に、民間の有料老人ホームなどは

入居金だけでも数百万以上かかる

ことがほとんどであり、金銭的にも

負担が大きいことは確かです。

 

介護ヘルパーやデイサービスといった

介護サービスも、必要最低限の

サービスだけを自由に選択でき、

介護費用を抑えることができる点

在宅介護のメリットと言えます。

スポンサーリンク

在宅介護のデメリットはこれ!

要介護度が高いほど介護者の負担も増大

koureisyanayamu

在宅介護の一番のデメリットは

やはり自分たちが介護をするので

その負担も全て自分に来ることです。

 

要介護度が低い場合は、生活の

動作もある程度、自力でできるため

介護者の負担は比較的少ないですが

要介護度が高くなると、ちょっとした

ことでも介護が必要になるため、

その負担は非常に大きくなります。

 

また、在宅介護の要介護者を

介護する人はあくまでも素人である

私たちなので、特別な専門知識を

持っている訳ではありません。

 

特に、排泄物の処理などは

慣れていない私たちにとっては

精神的にも非常に辛いです。

 

そのため、要介護度が高くなると

要介護者に適切な対応を行うことが

難しくなり、介護疲れによる

トラブルが起こりやすくなります。

 

時間的に制約を受ける可能性が高い

aigorisyoku

要介護度が高くなるにつれて

介護を行うために必要になる

時間もどんどん長くなります。

 

例えば、要介護者が認知症で

徘徊の症状が出ているような

状態では介護者は少しも目を

離すことができません。

 

夜中も介護があるために介護者が

ゆっくりと休めないといった事態も

十分にあり得ます。

 

介護の負担が大きくなったことで

仕事を辞めざるを得なかったり

介護者が精神的にも限界が

来てしまうこともデメリットと言えます。

 

緊急時の対処が難しい

koureisyaawateru

先ほど少し触れたように私たちは

あくまでも素人なので、万が一の時に

適切な対応をすることができない

可能性があります。

 

介護施設であれば、何かあれば

すぐに専門員が対応してくれますが

私たちは、緊急時の対処に関する

知識が十分にないので、どうしても

対応が遅れてしまいます。

 

万が一の事態の時に迅速な

対応ができないことがあるのも

在宅介護のデメリットです。

 

まとめ

このように在宅介護は、本人や

家族が最も安心でき、金銭的にも

負担が小さいことがメリットですが

介護者への負担が大きいという

デメリットもあります。

 

施設にしても在宅介護にしても

メリット・デメリットがあるので

どちらが良いかは一概には、

言えません。

 

また、在宅介護が必ずしも

辛いことではなく、介護サービスを

上手く活用できれば、その負担を

軽減することができます。

 

在宅介護は一人で抱え込まず

必ず誰かに助けを求めて、皆で

助け合って介護を行うことが

最も重要なことでもあります。

 

介護に疲れたときの対処法

参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク