在宅介護は介護者への負担も大きく

仕事をしている人にとっては

かなりハードな生活となります。

 

特に、介護は子育てと違って

終わりが見えないことや要介護者の

容態が悪化すれば負担が増加する

ことからも、介護と仕事の両立は

非常に難しい問題と言えます。

 

ただ、介護は一人で抱え込まず

他者の力を借りることができれば

介護と仕事の両立は十分に

可能です。

 

今回は、この在宅介護と仕事を

上手に両立する方法について

解説していきます。

スポンサーリンク

在宅介護と仕事を両立するには

介護サービスを最大限に活用させる

kaigoherupa

素人である私たちが介護を

完璧に行うことは現実的に難しく

一人で抱え込んでしまえば、逆に

あなた自身が追い込まれてしまう

恐れがあります。

 

特に、要介護度が高かったり

認知症の症状が出ている場合には

私たちの力だけでは、対応できない

事態や問題行動も出てきます。

 

専門職の人に介護を任せることで

時間的な余裕が生まれるだけでなく

適切な対応を取りやすくなります。

 

在宅介護でも訪問介護やヘルパー、

デイサービス、福祉施設への

ショートステイなど様々なサービスが

あるため、仕事との両立できるよう

最低限必要になるサービスは

積極的に利用していきたいです。

 

どうしても仕事が忙しい時には

介護施設にショートステイを

行ったり、ヘルパーさんに介護を

依頼するなど、他者の力を

借りることを考えましょう。

 

ただ、これらの介護サービスは

要介護度の程度によっても

利用できるサービスが異なるため、

担当のケアマネジャーや

地域包括支援センターに

相談する必要があります。

 

介護サービスを利用することは

何ら恥ずかしいことではないので

介護と仕事を両立するためにも

まずは相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

職場の介護支援制度を利用する

syokubazatudan

現在では、育児介護休業法

制定され、企業は介護者である

従業員に対して支援を行うことが

法律で定められています。

 

そのため、在宅介護をしながら

仕事を両立するためにも、職場の

介護支援制度は必ず活用して

介護の時間を作りたいところです。

 

介護休暇の間に、介護施設に

入居申請を行ったり、ヘルパーを

依頼するといった計画をしっかりと

立てることができます。

 

ただ現実的に、なかなか介護を

理由とする休暇が取りずらいことや

介護は長期にわたって続くことが

ほとんどなので、在宅介護が続けば

介護休暇では不十分な可能性が

あります。

 

また、いきなり介護のことで上司に

相談をするのは難しいと思います。

現実的に会社も突然の休暇には

対応できないことでしょう。

 

もし、上司に直接相談することが

難しいなら、職場の同僚など、

まずは気の合う人に相談をしてみると

良いかもしれません。

 

介護のことで困っていることを

他の社員が理解してくれれば

上司にも話が通じやすくなる

可能性は十分にあります。

 

ある程度、時間をかけて

相談することができれば、会社側も

対応しやすく、介護と仕事の

計画も立てやすくなります。

 

介護と仕事を両立していく場合、

早めに職場の人に事情を

知ってもらうことが大切です。

 

まとめ:一人で抱え込まずに相談することが重要

介護と仕事の両立は現実的にも

かなりハードであり、なかなか

上手くいかない時もあるでしょう。

 

ただ、介護と仕事を両立するには

一人で悩まず、他者に助けを

求めることが非常に重要です。

自分一人で悩み抱え込んでいては

精神的にも良くありません。

 

介護は本来、社会全体で助け合って

行うことなので、ケアマネジャーや

ヘルパー、家族等へ積極的に

相談するようにしましょう。

 

介護のことで相談するのは

何ら恥ずかしいことではないので

まずは他の人に相談するところから

始めてみましょう。

こちらの「介護に疲れてしまった時の対処法」も参考にして頂ければと思います。

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク