法律や宗教などが関係していて

いろいろと複雑なお墓の問題。

 

考えてみれば、お墓は墓地という

土地を利用しているので

固定資産税がかかるのではと

思う方も多いでしょう。

 

また、相続するときにお墓には

相続税がかかるのかどうかも

気なりますよね。

 

今回は、そんなややこしい税金と

お墓の関係についてできるだけ

分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

お墓に固定資産税はかからない?

一般的にはお墓を持つことは

その墓地が土地扱いになり

固定資産税がかかるのではと

思ってしまいますが、お墓には

固定資産税は課税されません。

 

その理由は、お墓のある土地は

もともと、そこを管理している

所有者の土地であり、あくまでも

お墓はその所有者の土地を借りて

置いてあることにすぎません。

 

もっと簡単に言うと、

お墓の墓地を買うのではなく

永代供養権」を買って

墓地の土地を借りることです。

 

永代供養権とは、その土地の

所有者に、契約した期間中は

お墓を管理・供養してくれるという

その権利のことを指します。

 

これは月極駐車場で例えると

分かりやすい思います。

 

車を止めるには、あらかじめ

その駐車場の所有者と契約し

お金を支払うことで、一定期間

使うことができます。

 

ただ、月極駐車場を借りて

車を止めたからといって

その借りた人に固定資産税は

かかりませんよね。

 

その仕組みと、お墓もほぼ同じで

自分が持っているお墓が車であり

駐車場がまさに借りている

土地(墓地)となります。

 

もっとざっくり言うと

自分のお墓を借りた土地に

置かせてもらっている状態

言えます。

 

この非課税になる墓地は

主に、地方自治体や宗教法人

公営団体などの墓地台帳に

登録されている団体です。

 

ただ、実際のところは

墓地の殆どが墓地台帳に

登録されているので、基本的には

お墓に固定資産税はかかりません。

スポンサーリンク

お墓の相続には相続税はかかるの?

お墓に固定資産税がかからないことは

理解していただけたと思いますが

もう1つ、気になることとしては

お墓を相続したとき相続税

かかるかどうかという点でしょう。

 

しかしこれも、固定資産税と同じで

相続税はかかりません。

 

その理由は相続税法12条1項2号に

そのことが記載されているためです。

 

そのため、亡くなった人が

所有していたお墓を相続しても

相続税はかかりません。

 

ただ注意として、その人が

亡くなった後に、その相続財産を

使ってお墓を建てる場合、相続財産は

現金で相続することになるので

相続税がかかる場合があります。

 

つまり、相続税を回避するためには

本人が生きている間に自分の

お墓を作っておく必要があります。

 

あらかじめ、お墓を作っておけば

相続することになってもお墓は

非課税となるので、非常に大きな

節税となるのです。

 

それでも毎年費用がかかるのはなぜ?

固定資産税はかからないけど

毎年、墓地にお金を支払う

必要があるのはなぜかと言うと

それは税金ではなく、恐らく

管理費のことでしょう。

 

固定資産税を支払っているのではと

勘違いしてしまいがちですが

毎年かかる費用は固定資産税ではなく

その墓地の設備や整備を

維持するための管理費です。

 

お墓の維持費ってどれぐらい?
お墓よりも永代供養の方が良い?

こちらも参考になると思います。

 

まとめ

このようにお墓には固定資産税も

相続税もかかりません。

 

法律や税金のことは非常にややこしく

なかなか理解するのが難しいですが

知っておけば、いつかは必ず

役に立つことばかりなので

少しずつ頭に入れていきましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

墓じまいとは何か?その手順や
複雑な問題点を解説!

こんな記事も書きました。

スポンサーリンク