【R6S】ドクの装備・使い方と立ち回りのコツを解説

ゲーム, レインボーシックスシージ

アーマー/3 スピード/1
初心者オススメ度 ★★★☆☆
ラックマッチ活躍度 ★★★★☆

HPを回復させることができる防衛オペレーター「ドク/DOC

HPの回復手段が限られるこのゲームにおいて、無条件にHPを回復できるアビリティは強力であり、味方の生存力を上げHPアドバンテージで有利に立てるオペレーターです!

 

今回は、レインボーシックスシージのオペレーター「ドク」の装備や使い方、立ち回りのコツについて解説していきます。

固有アビリティの特徴・活用方法

ドクが使用できるスティムピストルは撃ち込んだ対象のHPを40回復させます。

弾数は3発ですが、テロハントで使用する場合は5発使用できます。

 

使い方は通常の武器と同じで回復させたい相手に向かって発射するだけです。

ただし、1発発射ごとにリロードを挟むので連射はできません。

ちなみに、弾は腰撃ちでも照準の中央に飛んでいきます。

 

HPが最大値(100)を超える場合は一時的なブースト効果となり毎秒1つづ効果が減衰します。

自分に使用するにはスティムピストルの展開ボタン(メインガジェットボタン)を押し、再度同じボタンを押すことで自分に使用できます。

 

余っている時でもブーストをかけられるので、使うタイミングがなかったら自分に使用するのもアリです。

ただし、ブースト効果は最大値+40(HP140)が上限になっています。

連続で使っても余剰分は無駄になるので注意しましょう。

 

また、負傷中の味方に使用した場合はHP75で回復します。

通常の蘇生(HP20)+回復(HP40)を行うよりもHPの回復量が多いので、弾数に余裕があるならスティムピストルで直接復活させると良いです。

なお、スティムピストルを自身に使用することで、自力でダウン状態から起き上がることもできます。

真正面での撃ち合いだと復活する前に撃たれてしまいますが、遠距離からの攻撃だったり、障害物があると復活できることもあるので最後まで諦めないようにしましょう。

 

固有アビリティの注意点

初心者の方だとスティムピストルとハンドガンの区別がつかず、スティムピストルを構えていると勘違いして、ハンドガンでチームキルや誤射してしまうケースが多々あります。

特に、暗い場所だと外見だけでは通常のピストルと区別が難しいので、慣れない間はスティムピストルを正しく装備しているか確認してから発射するようにしましょう。

 

また、スティムピストルの当たり判定は通常の弾丸と同じなので、しっかり狙わないと無駄撃ちになってしまいます。

「撃ったのにHPが回復しなかった(実際には当たっていなかった)」というケースはとても多いので注意しましょう。

慣れない間は近づいてから発射するか、黄色ピンやチャット等で回復を行う旨をパーティメンバーに知らせると確実です。

腰撃ちでも中央の照準が□点で固定味方に照準を合わせると青色になるのでその変化を確認してから撃ちましょう。

 

ドクの装備解説

メインウェポン1:MP5

高めのレートが魅力的なサブマシンガンです。

反動が比較的小さく使いやすい武器であり、初心者の方にもオススメできる武器と言えます。

また、このサブマシンガンには防衛側でも珍しく高倍率のACOGサイトを装備できます。

攻撃オペレーターと同じく中距離での撃ち合いにも対応できるので、ACOGでの射撃に慣れておくと良いでしょう。

 

メインウェポン2:P90

MP5より威力は低いですが、レートと装弾数に優れたサブマシンガンです。

威力が低いので通常の撃ち合いでは不利ですが、高いレートを活かしてヘッドショットを狙いましょう。

また、P90もMP5と同様に高倍率のACOGサイトを装備できます。

ヘッドショットを狙えるならレートの高いP90を、安定性を求めるならMP5を選択すると良いですね。

 

メインウェポン3:SG-CQB

モンターニュを除いたGIGNのオペレーターが使用できるショットガンです。

威力が高く、至近距離なら一撃で相手をキルすることができます。

ポンプアクション式なので連射性は悪くリロードにも時間がかかるので、しっかり相手を狙いましょう。

上記二つのサブマシンガンが優秀なので使う機会は少ないですが、壁に穴を開けるなど工事用に使用する際にオススメです。

 

サブウェポン1:P9

GIGNのオペレーターが使用できる平均的な性能のハンドガンです。

反動も小さく初心者の方でも使いやすいハンドガンなので、基本的にはこちらを選択すると良いでしょう。

また、サプレッサーを装備して隠密行動を行うのもオススメです。

 

サブウェポン2:LFP586

GIGNのオペレーターが使用できるマグナムリボルバーであり、全ハンドガンの中でもトップクラスの単発火力を誇る強力な武器です。

ほぼ2発でキルまたは負傷、HPが減っている敵に対しては一撃でキルを取ることができます。

 

威力は破格ですがその反面、ハンドガンとしては反動が非常に大きく、弾数もたったの6発しかありません。

リロード時間も長く継戦力で劣るため、無駄撃ちのないようしっかりと狙えるエイム力が重要になります。

 

ガジェット1:防弾カメラ

固定式の監視カメラで、任意の壁または床に1個だけ設置することができます。

防弾カメラは正面しか見えず、さらに左右の溝を攻撃されると壊されてしまうので、通路の奥に設置したり、防衛地点の近くに設置すると効果的です。

カメラは味方全員が見れるので、初心者の方でもチームに貢献しやすいガジェットと言えます。

 

ガジェット2:有刺鉄線

通った敵の移動速度を低下させると同時に音を発生させるガジェットです。

相手の進行を防ぎ音による位置バレが狙えるので、防衛ポイントの周辺に設置すると効果的です。

 

ドクの立ち回り・総評

ドクはスティムピストルを用いて味方のHPを回復させ、味方メンバーを少しでも長く生存させることが主な役目です。

自分が最初に死んでしまっては意味がないので、慣れない間は下手に遊撃に出ず防衛ポイント周辺での戦闘を心がけましょう。

 

ルークのアーマープレートがあれば被弾しても必ず負傷状態となるため、スティムピストルと組み合わせると生存力が上がります。

味方にルークをピックしたプレイヤーがいるなら積極的にピックすると良いでしょう。

 

ランクマッチでは味方の生存力を上げることで時間を稼ぐことができるため、どのようなマップ・状況でも活躍が期待できます。

特に、ドクが使用できるサブマシンガンはどれもレートが高くACOGも付けられるため、ヘッドショットを狙えるようになると自身の生存力と相まって高い防御力を発揮します。

単純ながらも汎用性の高いオペレーターなので、サブマシンガンとスティムピストルをしっかり使いこなしてチームに貢献しましょう!