【R6S】サッチャーの装備・使い方と立ち回りのコツを解説

2019年5月5日ゲーム, レインボーシックスシージ

アーマー/2 スピード/2
初心者オススメ度 ★★★★☆
ラックマッチ活躍度 ★★★★★

防衛側の電子ガジェットを破壊できる攻撃オペレーター「サッチャー/THATHCHER

サッチャーが使用できるEMPグレネードは、一定範囲内の電子ガジェットを破壊or一時的に無効化できる優れもので、攻めの起点となる重要なオペレーターです。

 

今回は、レインボーシックスシージの攻撃オペレーター「サッチャー」の装備や使い方、立ち回りのコツについて解説していきます。

固有アビリティの特徴・活用方法

サッチャーが使用できるEMPグレネードは、一定範囲内の防衛側の電子ガジェットを破壊または一時的に無効化できます。

EMPの効果範囲は壁を貫通するので、壁の反対側から近くに投げるだけでも効果が期待できます。

なお、味方電子ガジェットには影響を与えないので味方の近くに投げても大丈夫です。

 

バンディットやカイドによって補強壁に電流が流れている場合や、ブラックアイなどのカメラが設置されている場合など、EMPが役立つ場面は非常に多いです。

EMPにより補強壁の電流を止めた後、テルミットやヒバナで補強壁を破壊するのが攻撃側のテンプレなので、サッチャーは攻めの起点になくてはならない存在と言えます。

 

EMPの所持数は3個なので、補強壁周辺に1回~2回した後は防衛エリア周辺で使うのが良いです。

ただし、EMPグレネードはイェーガーのADSに無効化されるので、防衛側にイェーガーがいる際は注意しましょう。

 

EMPで直接破壊ができないもの

  • エコードローン
  • アリバイのプリズマ
  • ヴィジルのアビリティ
  • マエストロのイーヴィルアイ
  • 防弾カメラ
  • 銃の光学照準器
  • レーザーサイト

EMPグレネードは電子ガジェットを破壊できますが、これらの電子ガジェットは一定時間(10秒ほど)無効化するだけで直接破壊することはできません。

 

エコーが使用するエコードローンは、EMPを被弾すると一時的に機能を失い、床に落ちてきます。

EMP使用後に放置していると再度ドローンが使用可能になってしまうので、EMPで無効化した場合には早めにドローンを破壊しましょう。

 

マエストロのイーヴィルアイは、EMPを被弾するとシールドが半開き状態になります。

銃で半開き状態の内部に攻撃を加えればイーヴィルアイを壊せるので、こちらも無効化したら復活する前に破壊するのが望ましいです。

 

サッチャーの装備解説

メインウェポン1:AR33

サッチャーのみ使用できるアサルトライフルで、そこそこの威力とレートを持つ武器です。

反動はそれほど大きくなく使い勝手の良いアサルトライフルであり、ACOGサイトを使用した中遠距離での射撃が可能です。

ただ、装弾数が25とレートの割に弾数が少なめなので、弾数管理とリロードのタイミングには注意しましょう。

 

メインウェポン2:L85A2

スレッジが使用できるアサルトライフルと同じ武器です。

レートはAR33より低いですが、装弾数が30で一発の威力が高く中遠距離での射撃に優れています。

こちらも使い勝手は良いので、自分が使いやすい方を選択すると良いでしょう。

 

メインウェポン3:M590A1

S.A.Sのオペレーター全員が使用できるショットガンです。

威力は高く接近戦では一撃でキルを取れますが、中遠距離での撃ち合いが多い攻撃側でショットガンを使用する機会は少ないです。

接近戦をメインに戦いたい場合や、壁に穴を開けるといった目的がない場合は選ぶことはないでしょう。

 

サブウェポン1:P226 MK 25

高威力で装弾数の多いハンドガンです。

サッチャーは他のS.A.Sが使用できるサブマシンガンを選択することができないため、必然的にこのハンドガンがサブウェポンとなります。

サブマシンガンが使えないとはいえ、近距離なら2~3発でキルを取れる武器なので、使い方をマスターしておけば実践でも十分役立ちます。

 

ガジェット1:ブリーチングチャージ

壁に貼り付け起爆することで、穴を開けることができるガジェットです。

主に補強されていない壁や落とし戸、キャッスルのバリケードを破壊する際に用いられます。

また、爆破時には大きい音がするので陽動に使うことも可能です。

 

上階から床を破壊することで射線を通したり、開けた穴からEMPを投げ込むことができるため、場所によっては役立つ場面も多いです。

ただし、防衛ポイント周辺の重要な壁は補強されていることが殆どなので、直接ポイントへの通路を開くのは難しいでしょう。

 

ガジェット2:クレイモア

敵が通ると自動的に起爆する地雷です。

主に、防衛側が飛び出して来るであろう窓の近くに設置することで、敵の飛び出しによる妨害を防ぐことができます。

クレイモアは起爆すると一撃でキルを取れるので、防衛側が通りそうな場所や、障害物を乗り越えた先に設置しておくと効果的です。

 

サッチャーの立ち回り・総評

サッチャーは防衛ポイントに突入する前に、周辺の電子ガジェットを破壊するのが主な役目です。

EMPを優先して投げる場所は電流の走っている補強壁であり、バンディットやカイドのガジェットを破壊できないと補強壁を破ることができません。

初心者の方でも、とりあえず電流の流れている補強壁を見つけたらその近くにEMPを投げておきましょう。

 

補強壁以外にも破壊できるガジェットは数多いので、防衛ポイントの近くにEMPを投げ込んで電子ガジェットを破壊すると良いです。

ただし、EMPを投げ込む際は、投擲先にイェーガーのADSがないか確認してから投げるようにしましょう。

 

サッチャーは攻めの起点として重要な役割を担っているため、ランクマッチでもピック率が高く、主にテルミットやヒバナと共に使われます。

ランクマッチで使う際はEMPを投げる場所とタイミングに注意し、テルミットやヒバナとの連携を意識して行動しましょう。

 

 

2019年5月5日ゲーム, レインボーシックスシージ

Posted by ma9raud01