【R6S】スモークの装備・使い方と立ち回りのコツを解説

ゲーム, レインボーシックスシージ

アーマー/2 スピード/2
初心者オススメ度 ★★☆☆☆
ラックマッチ活躍度 ★★★★★

ガスグレネードを用いて攻撃側の侵入を阻止する防衛オペレーター「スモーク/SMOKE

スモークは時間稼ぎや盾持ちのオペレーターに直接攻撃ができるオペレーターであり、使い方をマスターすればランクマッチでも大いに活躍できる玄人向けのオペレーターです!

今回は、レインボーシックスシージのオペレーター「スモーク」の装備や使い方、立ち回りのコツについて解説していきます。

固有アビリティの特徴・活用方法

スモークが使用できるガスグレネードは、一定範囲内に入った敵にダメージを与えることができるガジェットです。

ガスのダメージは大きく、被弾した相手はガスの範囲から遠ざかるしかありません。

 

主に、防衛ポイントへの侵入を妨げたり、ディフューザーの設置を阻止、盾持ちのオペレーターにダメージを与える、といった用途で使われます。

防衛側は時間切れでもラウンドを勝ち取れるため、攻撃側の時間を稼げるスモークはランクマッチでも重宝されるオペレーターです。

 

なお、グレネードは投げただけでは機能せず、設置後、任意のタイミングで起爆させることで効果を発揮します。

ガスグレネードの使用回数は3回です。

 

また、このガスグレネードは設置方向により壁や天井を貫通します。

そのため、上階を防衛する際に下からガスグレネードを設置し、

上に敵が来たところを起爆させることで、下の階からプレッシャーをかけることもできます。

 

ただし、下からガスを貫通させる場合、グレネードの向きが天井とは垂直方向になるよう設置します。

平面の天井に直接貼り付けると下方向にしかガスが出ないので、グレネードを設置する向きに注意したいです。

ガスグレネードの投げ方や設置場所を練習しておけば、攻撃側の行動を大きく制限できるので、テロハントやカジュアルにてグレネードの使い方をマスターしておきましょう。

 

固有アビリティの弱点・注意点

ガスグレネードの効果は敵味方関係なく、範囲内に入った者全てにダメージを与えてしまいます。

スモーク以外は全員ダメージを受けてしまうため、ガスを起動させるタイミングには注意したいです。

状況によっては味方の行動を制限させる危険もあるので、マップの構造や敵との位置を把握していないと真価を発揮できません。

 

特に、人質の近くで起爆してしまうと一度の起爆で人質をキルしてしまうので、ゲームモードが人質の時は設置場所に十分注意したいです。

 

また、グラズのフリップサイトはガス越しでも敵の視界がはっきりと移ってしまうので、グラズの前でスモークの代わりに使っても意味がありません。

慣れないとガスグレネードのタイミングを把握するのが難しいので、初心者の方がいきなり使うには難しいオペレーターと言えます。

 

スモークの装備解説

メインウェポン1:FMG-9

防衛側としては平均的な威力と高いレートを持つ武器です。

レートはやや高めですが反動は小さく、扱いやすいサブマシンガンと言えます。

これといった特徴はありませんが使い勝手は非常に良いので、SMG-11が使いづらいという方はこの武器を使用すると良いでしょう。

 

メインウェポン2:M590A1

他のS.A.Sオペレーターが使用できるショットガンと同じ武器です。

至近距離なら一撃でキルを取れますが、ポンプアクション式の連射のできないショットガンなので正確に射撃を行うことが重要です。

 

また、スモークはサブウェポンに強力なSMG-11を使用できるので、防衛地点周辺に穴を開けるための工事用としてショットガンを選択するのもアリです。

SMG-11をメインに使いたい時や、防衛地点の工事が必要な際に選択すると良いでしょう。

 

サブウェポン1:P226 MK25

高威力で装弾数の多いハンドガンです。

ハンドガンの中では割と優秀な武器ですが、もう一方のサブマシンガンが強力なのでこちらを使う機会は殆どありません。

サブマシンガンの反動制御が苦手な方はハンドガンを選択すると良いでしょう。

 

サブウェポン2:SMG-11

非常に高いレートを誇るサブウェポンで、高いダメージで直接キルを取ったり、ヘッドショットも狙える優秀な武器です。

メインウェポンをショットガンを選択した場合、このサブマシンガンをメイン武器の代わりに使うこともできます。

 

ただし、SMG-11は高レート故に反動も非常に大きくフルオートで発射するとブレが凄まじいです。

中距離以遠では狙ったところにエイムを合わせるのは困難なので、慣れないうちは接近戦でのみ使用するか、タップ打ちで射撃しましょう。

 

ガジェット1:有刺鉄線

通った攻撃側の移動速度を低下させ、通行時に音を鳴らすガジェットです。

足止めがメインのスモークにとって、時間を稼げて、相手の位置を特定できる有刺鉄線とは相性が良いです。

 

通路の入口付近や階段の踊り場に設置し、敵が来たところをガスグレネードで攻撃することで、ほぼ確実に敵の進行を抑えることができます。

スモークのアビリティと相性が良く、腐ることのないガジェットなので、基本的には有刺鉄線を選択すると良いでしょう。

 

ガジェット2:インパクトグレネード

壁を破壊したり、通り穴を作るのに役立つガジェットです。

投げてから障害物にヒットするか投擲後1秒経過で自動的に爆発します。

 

障害物の破壊以外にも相手に直接ダメージを与えられるため、盾対策・攻撃ガジェットとしてインパクトを使うこともできます。

ダメージは至近距離で30~40前後、盾オペレーターのシールドに正面からぶつけた場合は約10~20ダメージです。

 

ダメージはフラググレネードより小さいですが、爆風の範囲は広いので負傷した敵にとどめを刺す時にも地味に役立ちます。

盾相手に投げる際は、相手の正面を狙うのではなく盾の反対側、一歩後ろ側を狙って投げるようにしましょう。

 

スモークの立ち回り・総評

スモークはガスグレネードを用いて攻撃側の侵入を阻止したり、攻撃側の時間を稼ぐのが主な役割です。

装備についても、工事用のショットガンに強力なサブマシンガンなど優秀なので、どのマップでも腐ることの少ない優秀なオペレーターと言えます。

 

カジュアルだと1ラウンドの時間が長いので時間稼ぎのメリットは小さいですが、ランクマッチでは十数秒の時間稼ぎでも戦況に大きな影響を与えます。

時間稼ぎが重要なランクマッチにおいては、ガスグレネードを使いきる前にデスしてしまうのは何としても避けたいところです。

慣れないうちは下手に遊撃にでず、防衛ポイント周辺で戦うと良いでしょう。

 

また、盾オペレーターへの攻撃手段が多いこともスモークの強みなので、ブリッツやモンターニュが攻めてきた時は積極的に応戦すると味方に喜ばれます。

 

ランクマッチでスモークの真価を発揮するには、

  • ガスグレネードの設置・動作タイミングの把握
  • マップの構造とガス範囲の把握
  • 時間稼ぎのため最後まで生き残る粘り強さ

など覚えることや練習すべきは多いですが、それだけ優秀なオペレーターであることは間違いありません。

ぜひともスモークを使いこなしてランクマッチで活躍しましょう!