【R6S】テルミットの装備・使い方と立ち回りのコツを解説

ゲーム, レインボーシックスシージ

アーマー/2 スピード/2
初心者オススメ度 ★★★☆☆
ラックマッチ活躍度 ★★★★★

防衛側の補強壁を破壊できる攻撃オペレーター「テルミット/THERMITE

テルミットの持つヒートチャージは補強済みの壁を破壊でき、戦況に大きな影響を及ぼす攻撃側の重要オペレーターです!

 

今回は、レインボーシックスシージのオペレーター「テルミット」の装備や使い方、立ち回りのコツについて解説していきます。

固有アビリティの特徴・活用方法

テルミットが使用できるヒートチャージは補強壁を破壊できる強力なガジェットであり、防衛ポイントへの侵入経路を確保する際に役立ちます。

防衛側が補強を行う壁は防衛の要となる場所なので、その補強壁を破ることができれば攻撃側は有利に戦況を進めることができます。

 

所持数は2個あるので、補強壁を見つけたら積極的に破壊しましょう。

基本的には補強壁への使用を優先し、補強された落とし戸はヒバナに任せるか、他に破壊するところがない場合に使用すると良いです。

なお、ヒバナのランチャーとは異なり、爆破までの時間が短く、一撃で人が通れる大きな穴を開けられることがメリットと言えます。

 

固有アビリティの弱点・注意点

ヒートチャージはブリーチングチャージと同じく、壁に近づかないとガジェットを使用することができません。

ヒバナのように安全な場所から設置できる訳ではないため、どうしても接近にはリスクを伴います。

味方に周囲を見てもらうか、ドローンによる索敵を行ってから接近するようにしたいです。

 

また、起動後すぐに爆破できる訳ではないので、起動中にヒートチャージが破壊されたり、ラウンド終盤だと時間に間に合わない可能性もあります。

バンディットやカイドがいると貼り付けたヒートチャージが電流によって破壊されてしまうため、それらの防衛オペレーターがいる場合は味方に対処してもらう必要があります。

また、マエストロのイーヴィルアイにも注意してください。

 

テルミットの装備解説

メインウェポン1:M1014

アッシュ以外のFBI SWATオペレーターが使用できる連射可能なセミオートショットガンです。

ショットガンとしては一発の威力は低いですがある程度連射が利くので、多少エイムが不安でも接近戦ではゴリ押しすることができます。

また、補強されていない壁や落とし戸に穴を開けることもできます。

 

メインウェポン2:556XI

テルミット専用の高威力、低レートのアサルトライフルです。

威力が高くほぼ3発で敵をキルすることができ、低レートゆえに反動も小さくリコイル制御も容易です。

初心者の方でも使いやすい武器と言えます。

ACOGサイト使用して、中遠距離からの攻撃を意識しましょう。

 

サブウェポン1:M45 MEU (SOC)

FBI SWATのオペレーターが使用できる高威力のハンドガンです。

装弾数は7発と少ないですが威力が高く、至近距離なら2発で敵をキルできます。

装弾数より一発の威力を重視する方にオススメのハンドガンです。

 

サブウェポン2:5.7 USG

同じくFBI SWATのオペレーターが使用できるハンドガンです。

こちらは威力が低い代わりに装弾数が20発と多く、継戦力に優れます。

レインボーシックスシージはヘッドショットで一発キルのゲームなので、しっかりヘッドショットを狙えるなら威力は低くても関係ありません。

装弾数と継戦力を重視する方はこちらを選択すると良いでしょう。

サプレッサーを装備して隠密行動をしたり、ガジェット破壊を狙うのもオススメです。

 

ガジェット1:スタングレネード

補強壁を破った後にスタンを投げ込んで突入するといった攻撃的な立ち回りもできます。

補強壁を破壊後、積極的にキルを取りに行くのであればスタングレネードがオススメです。

ただし、フラッシュは近くにいる自分自身や味方にも影響を及ぼすため、投げる方向とタイミングには注意しましょう。

 

ガジェット2:クレイモア

センサーに触れると自動的に起爆する地雷です。

敵が飛び出してくるであろう窓の下や障害物の近くに設置することで、敵の飛び出しによる妨害を未然に防ぐことができます。

敵の飛び出しを防げる上にキルも取れるため、民家や高層ビルといった飛び出しの多いマップでは大いに役立ちます。

また、補強壁を破る際の防衛手段としても使えるので、安全に補強壁を破りたい場合にオススメのガジェットです。

 

テルミットの立ち回り・総評

テルミットは防衛ポイント周辺の補強壁を破り、攻撃側の突破口を切り開くのが主な役割です。

補強壁を破る前にデスしてしまうと攻撃側は不利な立ち回りを強いられるため、ラウンド序盤はあまり前に出ず、補強壁の破壊を優先して立ち回るようにしたいです。

 

また、電流の流れている補強壁はそのままだと対処できないので、サッチャーのEMPやトゥイッチのショックドローンなど味方に破壊してもらいましょう。

初心者の方には荷が重いオペレーターですが、補強壁を破壊した後は自由に立ち回れるので、とにかく序盤でデスすることだけは絶対に避けたいです。

 

テルミットはランクマッチでも重要なオペレーターであり、中でも外部と直接つながっているガレージの補強壁を破る際はサッチャーと共にほぼ必ずピックされるオペレーターです。

補強壁を破るまでが一番肝心なので、リスキルや敵の飛び出しには特に注意したいです。

ドローンによる索敵も徹底し、敵が飛び出してきそうなところにはクレイモアを設置するなど、補強壁を破るまでは慎重に立ち回りましょう。